トップページヘ
  商号 株式会社 北大路書房
  代表者 奥野浩之
  設立 1948年12月18日
  資本金 1080万円
  従業員数 22名
  年間売上高 3億円
  加盟団体 版元ドットコム有限責任事業組合
  主要取引銀行 京都銀行西陣支店、京都信用金庫北大路支店、滋賀銀行西陣支店、
りそな銀行千本支店
  営業種目 心理学を中心に教育・福祉・保育の専門図書及びテキストの発行、販売
  所在 〒603-8303京都市北区紫野十二坊町12−8
  電話 075−431−0361(代表)
  FAX 営業部 075−431−9393
  編集部 075−431−0383
  総務部 075−431−0373
  e-mail 営業部 eigyo@kitaohji.com
編集部 hensyu@kitaohji.com
  総務部 soumu@kitaohji.com
  主な出版物 (書  籍)

なぜ心理学をするのか、基礎から学ぶ心理学・臨床心理学、
日本における心理学の受容と展開、
心理尺度のつくり方、心理学のためのデータ解析テクニカルブック、
動機づけ研究の最前線、成人のアタッチメント、愛着と愛着障害、
顔立ちとパーソナリティ、
記憶研究の最前線、メタ記憶、
自伝的記憶の心理学、記憶の生涯発達心理学、
環境心理学(上下巻)、エイジング心理学、睡眠心理学、
心の輪郭、犯罪の生物学、
社会的認知ハンドブック、
対人関係のダークサイド、自己意識的感情の心理学、
名誉と暴力、
自己調整学習の理論、自己調整学習の成立過程、
メタ認知、ワーキングメモリと学習指導、
授業デザインの最前線、インストラクショナルデザインの原理、
教材設計マニュアル、
目撃証言の研究、自白が無実を証明する、
医療心理学の新展開、
マインドフルネス認知療法、
ナラティヴ・アプローチの理論から実践まで、
質的研究ハンドブック(1〜3巻)、科学と社会的不平等、
軽度発達障害児のためのSST事例集、
LD児の漢字学習とその支援、
聴覚障害教育 これまでとこれから、
からだに関わる日本語とその手話表現、
よく似た日本語とその手話表現、
視界良好、視覚障害児・者の理解と支援、
茗荷村見聞記、
クリティカルシンキング(入門編・実践編)、
チビクロさんぽ

(シリーズ)

心の授業(マンガ,ガイドブック)、
心理学ジュニアライブラリ、
心理学マニュアル、
21世紀の社会心理学、
講座【学校心理士と学校心理学−理論と実践】、
荒れる青少年の心、
臨床描画研究、
新 保育ライブラリ、
読書コミュニティのデザイン、
北大路ブックレット


戻る