『新時代の教育の方法を問う』書評


●学習評価研究No.165 1993年12月より抜粋 新時代の教育の方法を問う―豊かな心を育てる授業

 本書は,主として,大学の教職課程のテキストとして構成されたものである。執筆陣に現場の先生方も多く加わっており,放送,コンピュータ,OHP,ビデオなどの新しいメディアを導入した具体的事例が豊富であり,容易にそれらの技法を概観することができる。メディア技術の紹介のみならず,コンピュータ不安の捉え方,授業改善のための科学的な授業分析方法なども紹介されており,即戦力的に自らの実践に役立てられそうな情報を多く見いだすことができるであろう。
 変化の速度を増しつつある現代において,子どもが慣れ親しんでいるメディアも変わりつつあることは紛れもない事実であり,そんな現代における教育の新動向を展望するための好著といえよう。(大塚雄作)