校内研究の新しいかたち
エビデンスにもとづいた教育課題解決のために
 もくじ

はじめに


序 章 校内研究の新しいかたちをめざして
1.校内研究の新しいかたちとは
2.エビデンス不足の実態
3.本書の特徴と読み方


第1章 学校の課題(ニーズ)をアセスメントする
1.学校経営計画と校内研究
2.学校経営に校内研究を位置づける手順
3.校内研究推進上の課題
4.学校における課題把握の方法
5.校内研究の改善の方向


第2章 実践研究の主題を決める

1.施策と学校課題のつながり
2.取り組みの切り口
3.課題の範囲
4.先行実践・報告集集め
5.先行研究の取り組みの検討
6.目的と手段・方法の区別


第3章 実施計画をつくる
1.目標を明確にする
2.校内のシステムづくり
3.研究デザインを決める@:5W
4.研究デザインを決めるA:1H
5.教育効果の測定@:「ものさし」の選択
6.教育効果の測定A:ベースラインの確認
7.保護者や地域社会との連携を図る
8.スケジュールを決める
9.研究倫理を守る


第4章 試行的な実践を行う
1.試行的な実践の必要性
2.試行的実践の成果と課題の共有
3.実施計画の練り直し
4.試行的実践のまとめ
5.全校的な取り組みへの展開


第5章 教育実践を行う
1.教育課程への位置づけの工夫
2.既存組織(学年会)の活用
3.少数のクラスから学年全体の取り組みへ
4.学年の取り組みを全学年へ広げる
5.校務分掌の改善への工夫
6.中学校ブロックでの推進組織づくり
7.研究推進委員会への組織的コンサルテーション
8.若手教職員や同僚へのコンサルテーション
9.研究推進だより(ニュースレター)の活用
10.校内研修の工夫

第6章 実践の結果を記録する
1.結果の分析:多様な結果
2.結果の分析:集合的結果
3.結果の分析:個別的結果
4.インタビュー
5.統計処理の選択
6.結果の表示:表・グラフ・図
7.実践経過・結果の記述:記述の内容(分厚い記述)
8.実践結果の記述:経過の記録
9.実践結果の記述:文章のつづり方
10.設定された目標への到達度
11.目標外の意外な結果の記述


第7章 考察をまとめる
1.考察の柱を立てる
2.目的と結果を示す
3.これまでの実践成果との比較
4.限界と今後の課題


第8章 報告(レポート)にまとめる
1.報告(レポート)にまとめる意味と学校がつくる報告書
2.従来の報告書に掲載されている内容
3.報告書に記載したいこと
4.相手に応じた報告書の書き方
5.これからの校内研究の方向と報告書にまとめる内容


第9章 結果(エビデンス)を発信する(報告会を行う)
1.研究指定校などの研究結果の発信
2.校内研究のかたちを変えようと取り組んでいる学校の工夫
3.研究発表会までのスケジュール管理
4.研究発表会時に行うアンケート調査
5.研究発表会で報告した成果と課題の活かし方


補 章 実践論文としてまとめる
1.どの雑誌にするかを決める
2.投稿規定や執筆要綱を調べる
3.実践論文執筆の留意点



ワークの解答(例)・解説
付録
引用文献
索引