法への根源的視座
Criticism of Some Legal Theories
もくじ

はしがき

第1章 正義の構造:サンデル,ロールズ,井上達夫から考える
 1.1 はじめに
 1.2 サンデル考:正義論と道徳論の関係
 1.3 ロールズ考:分配論と正義論の関係
 1.4 井上達夫考:「正義概念」・「善に対する正の基底性」の射程
 1.5 むすび:正義の個別性

第2章 「良心」とは何か:憲法19条の考察
 2.1 問題の所在
 2.2 良心とは何か
 2.3 良心の自由侵害がもたらすもの
 2.4 良心防衛の法理
 2.5 むすび

第3章 法と擬制:末弘厳太郎『嘘の効用』・来栖三郎『法とフィクション』考
 3.1 はじめに
 3.2 大岡裁きの事例の検討
 3.3 他の六つの事例の検討
 3.4 来栖三郎のフィクション論
 3.5 正義論からの考察

第4章 「責任」について:歴史からの考察
 4.1 はじめに
 4.2 刑事責任
 4.3 民事責任
 4.4 ヨーロッパ原初の不法行為責任
 4.5 むすび

第5章 国家法人と個人:日本国による戦時犯罪への国家賠償をめぐって
 5.1 はじめに
 5.2 現代における国家法人
 5.3 現代の国家法人と個人
 5.4 むすび

第6章 法と権利:法が先か権利が先か
 6.1 はじめに
 6.2 思想によって異なる
 6.3 実務との関係:「民事訴訟の目的」論

第7章 法解釈論と法の基礎研究:平井宜雄『損害賠償法の理論』考
 7.1 はじめに
 7.2 前半部分:相当因果関係説をめぐって
 7.3 後半部分:不法行為法の基礎理論をめぐって
 7.4 まとめ

第8章 民主主義科学者協会法律部会50年の理論的総括:現代法論を中心に
 8.1 はじめに
 8.2 国独資論と経済主義
 8.3 国家論
 8.4 法の歴史分析
 8.5 国際的な諸関係
 8.6 新自由主義
 8.7 Grand Theory
 8.8 近代法・社会法への新スタンス

第9章 「法学」なるものの再考/再興
 9.1 法的思考はどこから法的か?
 9.2 開いた法学/閉じた法学
 9.3 法科大学院を出て基礎法学研究者へ
 9.4 近代法の再定位

人名索引
事項索引