心理学ベーシック第3巻
なるほど! 心理学調査法  もくじ

「心理学ベーシック」シリーズ刊行にあたって
はしがき


第1部 調査法の基礎

第1章 心理学における調査法
 1節 調査法とは:調査法の意義と特徴
 2節 調査法の強みと弱み
 3節 調査法における主観報告の科学性
 4節 心理尺度を用いた研究を行なうために:
    実証研究の手順と文献検索
Column 1 調査法の歴史:IQ と人種差別・偏見
Column 2 概念的再現研究

第2章 調査法に関する諸問題
 1節 サンプリングの問題
 2節 調査方法の問題
 3節 研究倫理に関する問題


第2部 調査法の実習「心理尺度をつくる」

第3章 何をつくるのかを考える:測定概念の明確
    化と質的データの収集
 1節 構成概念とは
 2節 測定内容の明確化
 3節 項目作成のための質的データの収集
Column 3 質的データのクロス表に基づく分析:双
      対尺度法

第4章 項目をつくる:質問項目の作成と内容的妥当
    性の検討
 1節 質問項目の作成と回答方法の選定
 2節 内容的妥当性の検討
 3節 心理尺度の項目作成としての翻訳研究とその
    必要性
Column 4 リッカート法

第5章 調査票をつくる:調査票の作成と調査の実施
    方法
 1節 調査票の作成
 2節 調査の実施手順
 3節 収集したデータの処理
Column 5 顕在的・潜在的な知識や態度を測る

第6章 項目を選ぶ:項目の選定とその手法
 1節 項目の選定とその方法
 2節 データの傾向を知る
 3節 項目間の関係を知る
 4節 等質性(α 係数)
 5節 探索的因子分析
Column 6 因子分析の2 つの方法
Column 7 探索的因子分析における相関関係の意味

第7章 心理尺度をつくる:信頼性,妥当性の検討
 1節 信頼性とは
 2節 妥当性とは
 3節 信頼性と妥当性の関係性
Column 8 心理尺度にはどの程度の項目数が必要か?


第3部 調査法の実習「心理尺度をつかう」

第8章 SD 法
 1節 SD 法とは
 2節 SD 法における測定と評価方法
 3節 実習

第9章 経験抽出法
 1節 経験抽出法とは
 2節 実習:一日再構成法
 3節 実習:日記法
 4節 経験抽出法の今後の展開

第10章 オンライン調査
 1節 オンライン調査の意義と特徴
 2節 オンライン調査の参加者
 3節 オンライン調査の作成
 4節 オンライン調査の現状と今後の展開
Column 9 オンライン調査サイト
Column10 データベースの活用法


第4部 「心理尺度をつくる」「心理尺度をつかう」応
    用編

第11章 翻訳法
 1節 心理尺度における翻訳研究の意義
 2節 翻訳研究の2 つのパターン
 3節 心理尺度の翻訳過程
 4節 心理尺度の翻訳例

第12章 対象者の特性に応じた調査法
 1節 対象者の特性を考慮した調査法における留意点
 2節 調査依頼のための信頼関係づくり
 3節 調査票の読みやすさ,回答のしやすさの工夫
 4節 丁寧なアフターケア

第13章 比較文化研究における調査法
 1節 比較文化調査とは
 2節 比較文化調査とバイアス
 3節 不変性(等価性)とその検証方法
 4節 比較文化調査のまとめと今後の展開
Column11 項目反応理論:IRT

第14章 郵送調査法
 1節 郵送調査法とは
 2節 郵送調査の設計:手続き的なデザイン
 3節 郵送調査の設計:物理的なデザイン
 4節 調査対象者および住所の情報を得る方法
Column12 郵送調査の返送用封筒に残された情報


引用文献