ワーキングメモリと英語入門
—多感覚を用いたシンセティック・フォニックス
 の提案 もくじ

 本書の構成について

Part 1 理論編
 
Chapter 1 日本の子どもの母語の習得と英語の聞き取り
1.はじめに
2.言語のリズム
3.母語の習得のはじまり
4.母語習得の鍵は応答性
5.日本語の音のリズムへの気づき
6.日本語耳では,英語の音声が聞き取りにくい?
7.日本語耳で英語を聞き取るのは難しい
8.頭の中で起きているオーバーフロー
Column 1 英語の学習?

Chapter 2 日本人が,英語を聞き取れないわけは?
1.はじめに
2.日本人は英語を細かく切っている
3.日本人は英語の発音が苦手なわけではない
4.日本語耳のメカニズム
5.英語の隠れディスレクシア
6.すべての子どもに英語学習の機会を
Column 2 見過ごされる隠れディスレクシア

Chapter 3 日本語耳を生かした英語の学習
1.はじめに
2.苦手を得意に変えられる
3.英語の聞き取りにくさを克服するには?
4.ワーキングメモリをフルに活かそう!
5.本書で提案するシンセティック・フォニックス
Column 3 英語を学ぶと,日本語が育たない?

Chapter 4 多感覚を用いたシンセティック・フォニック
     スの学習の原理
1.はじめに
2.音声,文字,動作,絵
3.基本活動
Column 4 42音素でフォニックスは終わり?


Part 2 実践編

Chapter 5 「言葉のプロジェクト:“英語”の音の世界
     を探索する」―概要と成果―
1.はじめに
2.音声体験・基礎活動の効果
  (事後テストT・事後テストU)
3.発展活動の効果(事後テストV)
Column 5 アン先生とAnn先生

Chapter 6 「言葉のプロジェクト:“英語”の音の世界
     を探索する」―実践内容―
1.はじめに
2.音声体験活動
3.基礎活動
4.発展活動T
5.発展活動U
Column 6 「聞く」ということ

Chapter 7 学びにくさのある子どもたちのための英語の
     活動
     ―ユニバーサルデザインと一人ひとりの成長―
1.はじめに
2.アセスメントでの子どもたちの姿
3.見えてきた子どもの学び方
4.基礎活動・発展活動の概要
5.基礎活動時の環境構成
Column 7 シンセティック・フォニックスを教えられるか
     なと不安に感じる先生へ

Chapter 8 入門期における支援ツール
1.はじめに
2.ジョリーラーニング社製教材
3.自作教材
Column 8 ディスレクシアをもつ児童・生徒の成長


 付録1 英国におけるシンセティック・フォニックス導入
     のプロセスとその実際:日本の英語教育への示唆
 付録2 42音素・発音記号・イラスト・動作の概要
 付録3 ブレンディング・セグメンティングのための語彙
     リスト案