学生を自己調整学習者に育てる
 アクティブラー二ングのその先へ
もくじ

 本書に記載されている自己調整学習の課題と活動
 の早見表
 はしがき
 序 文
 謝 辞  

第1章 自己調整学習とは何か,学習をどう促すか
 学習者としてのわれわれの学生
 自己調整vs.メタ認知
 自己調整vs.熟慮された練習
 自己調整の理論的な源泉
 感情の自己調整
 自己調整学習の利点
 本書の構成
第2章 コースの開始時点から自己調整学習を促す
 学習と思考に関する読みと議論
 目標設定
 自己調整学習スキルの自己評価
 授業科目の知識とスキルに対する自己評価
 実践の根拠を示す
第3章 読む,見る,聞くことの自己調整
 内省的作文
 ジャンル別の内容に関する質問
 想起の自己テスト
 視覚的学習ツール
 重要な活動としての読む,見る,聞くことの自己調整
第4章 実際の講義における自己調整学習
 講義前の活動──活性化された知識の共有
 講義内の活動
 まとめの活動
 講義は救われるのか?
第5章 メタ課題による自己調整学習
 数学に基づいた問題
 真正で「曖昧な」問題
 体験学習
 研究論文とプロジェクト
 学生のポートフォリオ
 教育に加えられる価値
第6章 試験と小テストによる自己調整学習
 試験準備のための活動や課題
 試験中の活動
 試験や小テストの後の活動や課題
 試験採点後の自己評価
 最大の受益者
第7章 タイミングの異なる自己調整学習の活動
 頻繁に,定期的に組まれた課題や活動
 不定期の内省的作文
 どんなスケジュールでも
第8章 自己調整的な行動を促す
 学生が成功するための舞台を設定する
 満足を後にとっておくことを促す
 学生が先延ばしを克服できるように助ける
 時間管理をこえて
第9章 自己調整学習を取り入れたコースの終わり方
 コースを終えるときの始め方
 単独で用いるコースの終わりに使う活動と課題
 コースを終わらせること
第10章 成績評価を行うべきか? あるいは別の方法は?
 成績評価をつける必要がないもの
 ルーブリックを用いて成績評価を行うために
 細目による成績評価を行うために
 自己調整学習の課題は,どの程度,価値があるのか
 必要最小限の成績評価
第11章 自己調整学習をコースデザインに統合するように
     計画すること
 負担になる?
 始めること
 すべてを統合すること
 最後に
第12章 統合されたコースのモデルと学生にもたらす効果
 地質学
 数学補習コース
 数学入門コース
 電気機械工学技術
 ライティング補習コース
 なぜプログラム全体ではないのか?

 引用文献
 著者について
 索 引
 監訳者あとがき