改訂新版 保育カウンセリングへの招待
もくじ

はしがき

第1章 保育カウンセリングとは
 1節 現代保育の課題とカウンセリング
  1 保育カウンセリングの意義
  2 知っておきたい子どもの発達的特徴
  3 保育カウンセリングにおける基本的な心構え
 2節 保育カウンセリングの方法と対象
  1 だれがカウンセリングを行なうのか
  2 だれにカウンセリングを行なうのか
  3 保育カウンセリングの関連領域とは
  4 保育カウンセリングにおける保育カウンセラー制度


第2章 保育カウンセリングに求められる技法
 1節 カウンセリングに求められる技法とは
  1 援助的な態度
  2 援助的態度とカウンセリングの技法
 2節 非言語的技法
  1 表情
  2 視線
  3 語調
  4 ジェスチャー
  5 姿勢
  6 対人距離
  7 沈黙
 3節 言語的技法
  1 受容と共感の技法
  2 くり返しと要約の技法
  3 明確化と解釈の技法
  4 支持と保証の技法
  5 質問の技法
 4節 カウンセリングプロセスと技法
  1 リレーションづくり
  2 問題の把握
  3 問題の解決


第3章 保育カウンセリングにおけるアセスメント
 1節 アセスメントとは
  1 保育におけるアセスメントの必要性
  2 アセスメントの定義
  3 アセスメントの目的
 2節 アセスメントの対象と方法
  1 アセスメントの対象とおもな内容
  2 アセスメントの方法
 3節 アセスメントの実際
  1 事例:3歳男児Yくん―個の育ちを捉える
  2 事例:5歳男児Kくん―集団の育ちを捉える
 4節 アセスメントの留意点


第4章 援助的・治療的カウンセリング
 1節 発達相談・発達支援の方法と実際
  1 発達の捉え方
  2 発達の理解とその援助
  3 援助における留意点
 2節 子育て相談の方法と実際
  1 子育て支援における「子育て相談」
  2 子育て相談と保育カウンセリング
  3 子育て相談の実際
  4 子育て相談の留意点
 3節 その他の支援
  1 家庭内で生じるさまざまな状況に対する支援
  2 子どもの虐待の防止と支援
  3 ドメスティック・バイオレンスへの支援
  4 家庭で起こる問題に対応するための基本的考え方


第5章 教育的・開発的カウンセリング
 1節 構成的グループエンカウンターの活用
  1 構成的グループエンカウンターとは
  2 保育にいかすSGE
  3 保護者を育てる
  4 保育者を育てる
 2節 保育カンファレンスの実施
  1 カウンセリングマインド
  2 ビデオ自己評価法の活用
  3 ビデオ保育カンファレンスの活用
 3節 サイコエジュケーションの展開
  1 保育者研修
  2 保護者研修
  3 子育てアドバイザー(ピアカウンセリング)の育成


第6章 保育カウンセリングにおける連携
 1節 子育て支援に求められる「つながり」とは
  1 子育ての支え方の変遷
  2 「つながり」で支える子育て
  3 家庭のニーズに即した「つながり」
 2節 身近な地域との連携
  1 民生委員・児童委員,主任児童委員
  2 子育て支援拠点事業(子育て支援センター等)
  3 児童家庭支援センター
  4 児童発達支援センター
 3節 保健福祉センター・医療機関との連携
  1 保健福祉センター(保健所)とのかかわり
  2 医療機関とのかかわり
 4節 児童相談所との連携
  1 児童相談所の仕組み
  2 児童相談所や家庭児童相談室等とのかかわり
  3 連携の留意点
 5節 小学校との連携
  1 障害のある子どもへの連携
  2 虐待を受けた子どもへの連携
  3 連携の留意点
 6節 よりよい連携のために
  1 連携のための体制づくり
  2 連携のための記録
  3 連携のためのカンファレンス
  4 連携の留意点

文献
さくいん