シリーズ「特別の教科 道徳」を考える 1
「特別の教科 道徳」が担う
グローバル化時代の道徳教育
もくじ

 シリーズ刊行の辞
 はしがき

  序章 学校教育の基盤に位置づく道徳教育の課題
     ―グローバル化する現代社会において教育と
     道徳教育をどのように考えるか―
    
    1.はじめに
    2.教育と道徳教育の何が問題なのか
    3.学校教育の基本方略の見直しの必要性
    4.学校における道徳教育の意義
    5.道徳学習の新しい在り方


 第T部 グローバル化する現代社会における道徳教育

  第1章 討議倫理学における「合意」の意義
    
    1.はじめに
    2.道徳教育における正しさの問題
    3.討議倫理学の意義
      ―カントの立法の限界を超える―
    4.社会構成主義による討議倫理学への批判
    5.討議倫理学における「合意できない」という
      ことの意味
    6.おわりに

  第2章 ポスト形而上学の時代における道徳教育
      ─ハーバーマスと価値多元化社会の道徳─

    1.はじめに
    2.道徳哲学や倫理学における道徳観の変遷
    3.ハーバーマスの討議倫理学
    4.価値多元化社会の道徳とハーバーマスの討議
      倫理学に基づく道徳教育
    5.討議倫理学に基づく道徳教育の課題

  第3章 承認論と道徳教育
      ―テイラーとハーバーマスの比較から―

    1.はじめに
    2.テイラーの承認論
     ―人間の生における背景の重大性/コミュニタリズム―
    3.ハーバーマスの承認論
     ―普遍的な人権尊重/リベラリズム―
    4.テイラーとハーバーマス
     ―差異志向と普遍志向の相補性―
    5.道徳教育の原理
     ―「差異の原理」/「平等の原理」―
    6.おわりに

  第4章 言語ゲームと道徳教育

    1.はじめに
    2.ウィトゲンシュタインの言語ゲーム論
    3.言語使用の規範性の習得
    4.ウィトゲンシュタイン哲学の含意
    5.おわりに

  第5章 公共性と道徳教育

    1.はじめに
    2.公共性の概念
    3.ハーバーマスにおける「公共性」概念
    4.アレントの「公共性」概念
    5.デューイにおける「公的なもの」の概念
    6.おわりに


 第U部 学校におけるこれからの道徳教育

  第6章 道徳教育の歴史的展開と「特別の教科 道徳」
      ─道徳教育の目標を中心に─

    1.はじめに
    2.戦前の道徳教育
    3.戦後の道徳教育
    4.「特別の教科 道徳」の導入
    5.おわりに

  第7章 子どもの主体的な道徳学習の構想
      ─新学習指導要領が求める道徳教育の内容と方法─

    1.はじめに
    2.学校における道徳教育の指導内容
    3.現在や未来の生活につながる道徳学習
    4.議論する力を育てる道徳学習
 
  第8章 生命倫理と道徳

    1.はじめに
    2.学習指導要領・中学校道徳科における生命倫理の
      位置づけ
    3.生命倫理の主な課題
    4.道徳科でどのように生命倫理を取り上げていくか
    5.おわりに

  第9章 生き方を考える道徳教育の意義
      ─「偉人伝」をどう解釈するか─

    1.はじめに
    2.子どもの興味を喚起する道徳教育
     ―伝記を活用した修身教授の問題点―
    3.理想的人間像の確立と伝記の教育学的構成
     ―唐澤富太郎の道徳教育論―
    4.学習者の生き方を問う道徳教育
     ―伝記教材「田中正造」の場合―
    5.おわりに

  第10章 道徳の時間から道徳科への転換
      ─その目標を踏まえた評価の在り方に
       ついての論点整理─

    1.はじめに
    2.道徳の時間から道徳科への転換
    3.道徳科の目標を手掛かりに
     ―目標概念の基本的構造―
    4.道徳科における評価の記述を手掛かりに
    5.おわりに
     ―道徳科の指導と評価の改善・充実を図るために―

  第11章 小中学校における道徳授業の多様な展開

    1.はじめに―道徳授業に期待されること―
    2.従来型道徳授業に対する批判の論点
    3.さまざまな道徳授業
    4.総合単元的学習としてのカリキュラムへの位置づけ

  第12章 高校における道徳教育の開発
      ─茨城県の事例を中心に─

    1.はじめに
    2.茨城県における高校道徳の導入の経緯と現状
    3.茨城県の道徳教育推進事業について
    4.討議型道徳授業の可能性
    5.おわりに

  第13章 道徳の授業で求められる教師の力量形成
      ―授業の参与観察とリフレクションを通して―

    1.はじめに
    2.道徳授業研究の概要
    3.授業場面での見取り―筆者の視点を通して―
    4.授業リフレクション―授業者の視点を通して―
    5.推進体制づくりと道徳の指導計画
     ―道徳授業の充実のために―
    6.まとめにかえて
     ―教員の力量形成としての道徳研究とは―


 人名索引
 事項索引
 あとがき