感性認知 アイステーシスの心理学 もくじ

はじめに

序章 感性認知の射程:アイステーシスの心理学
 第1節 アイステーシスの視点
 第2節 感性とは何か
 第3節 感性認知の研究の多様な視点とアプローチ

第1章 デザインと錯視
 第1節 錯覚のフリスク
 第2節 格子型錯視
 第3節 コントラスト
 第4節 方位情報
 第5節 周辺視野と眼球運動
 第6節 格子型錯視の生起メカニズム
 第7節 いたずらな黒点はなぜ起こるのか
 第8節 錯視からデザインへ

第2章 絵画における三次元空間の表現と知覚
 第1節 はじめに:平面を空間として見るということ
 第2節 網膜像のあいまいさ
 第3節 奥行き手がかり
 第4節 手がかりの統合
 第5節 おわりに

第3章 液体の質感
 第1節 はじめに
 第2節 粘性を見る視覚の仕組み
 第3節 透明な液体を見る視覚の仕組み
 第4節 実物体の見え方を編集する光投影技術「変幻灯」
 第5節 おわりに

第4章 日常音への感受性と脳波:時系列処理と感覚
    ゲーティング
 第1節 はじめに
 第2節 脳波・事象関連電位からみた脳活動
 第3節 時系列パターンに対する事象関連電位:時間縮小
     錯覚を事例に
 第4節 無用な長物は排せよ:感覚ゲーティング
 第5節 おわりに

第5章 感じる時間のメカニズム
 第1節 はじめに
 第2節 内的状態と時間の感覚
 第3節 外的な情報と時間の感覚
 第4節 時間知覚のモデル
 第5節 おわりに
 
第6章 絵画における時間
 第1節 はじめに:研究の背景
 第2節 絵画の中の時間・心の中の時間
 第3節 時間印象と現実感覚
 第4節 鑑賞の時間相−印象のマイクロジェネシス研究

第7章 美の原理
 第1節 はじめに
 第2節 黄金比は美か否か
 第3節 フラクタル:混沌の中に潜む数理性
 第4節 1/fゆらぎ:ランダムと単調のあいだ
 第5節 美の神経科学
 第6節 おわりに

第8章 気持ち悪さの心理学
 第1節 気持ち悪さ
 第2節 感情としての気持ち悪さ
 第3節 嫌悪感としての気持ち悪さ
 第4節 その他の気持ち悪さ
 第5節 面白い気持ち悪さ

第9章 空間と感情
 第1節 上下空間と感情の結びつき
 第2節 空間−感情メタファが関与する現象
 第3節 空間−感情メタファのメカニズム
 第4節 左右と感情の結びつき
 第5節 おわりに

第10章 パフォーマーの感性の熟達
 第1節 パフォーマーとは
 第2節 熟達における「技術」と「感性」
 第3節 パフォーマーにおける感性
 第4節 おわりに:感性を身につけるためには

おわりに