教職をめざす人のための教育課程論  もくじ

本書を利用するにあたって

第1章 教育課程の意義

1節 教育課程の概念
1.教育課程とは/2.「教育課程」と「カリキュラム」/3.教育課程に着目する意義

2節 教育課程の構成要素
1.教育課程の基準:学習指導要領/2.教育課程の編成・開発/3.教育課程・カリキュラム開発と教師

3節 教育課程の今日的意義
1.教育課程と学力問題/2.国内外の教育課程改革
column1 カリキュラム・リーダーシップ

第2章 教育課程編成の思想と構造

1節 系統主義と経験主義
1.系統主義と経験主義の特徴/2.経験主義の教育観/3.系統主義の教育観

2節 教科の関係を考える
1.関連(相関)カリキュラム/2.横断カリキュラムとクロス・カリキュラム/
3.融合カリキュラムと広域カリキュラム

3節 合理的な教育課程編成の意義と問題
1.合理的な教育課程編成/2.羅生門的アプローチ

4節 社会と教育課程の様々な関係
1.社会効率主義と社会改造主義/2.抵抗と連帯の場としての学校/3.多様な学びと教育課程
column2 デューイの実験学校のカリキュラム

第3章 近代・現代日本の教育課程の歩み
1節 「学制」のもとでの小学校教育課程
2節 欧化主義からの転換――「教学聖旨」
3節 国家主義の教育
4節 平和的・民主的な国家社会の形成者を育てる教育
column3 大正自由教育

 

第4章 教育課程の編成と諸要因

1節 教育課程の編成
1.教育課程を編成するのは誰か/2.教育課程の編成の方法・手順/3.学校教育目標/4.学校教育目標の現状

2節 教育課程と学校組織(校務分掌)
1.教育課程を実施する学校組織/2.学校組織と組織マネジメント

3節 教育課程を評価する
column4 校長の職務

第5章 小学校学習指導要領と教育課程編成の実際

1節 小学校の教育課程
1.小学校教育課程は何をめざしているのか/2.充実すべき教育内容

2節 小学校教育課程の実際
1.小学校の教育課程について/2.指導計画について/3.教科等を横断して改善すべき事項

3節 幼小連携,小中連携,小中一貫教育について
1.幼小連携について/2.小中連携・小中一貫教育について
column5 オルタナティブ教育における教育課程:シュタイナー教育の事例

第6章 中学校学習指導要領と教育課程編成の実際
1節 中学校の目的と中学校教育の目標
2節 中学校教育における教育課程編成の基本的な考え方
3節 「学校教育目標」の具現化

4節 具体的な「教育計画」について
1. 教科活動について/2. 道徳教育について/3.「総合的な学習の時間」について/4.「特別活動」について

5節 「生きる力」をはぐくむ具体的な取り組み
1.確かな学力向上のための推進プラン/2.特別活動から「生きる力」を考える

6節 まとめ
column6 「学校だより」による情報発信の大切さ

第7章 高等学校学習指導要領と教育課程編成の実際

1節 高等学校教育課程の特色
1.学科制/2.課程制と単位制/3.教科と科目/4.必履修科目と選択科目/5.学校設定教科・科目/6.中高一貫教育

2節 高等学校学習指導要領の要点
1.教育課程の領域/2.普通教科と専門教科/3.教育課程編成上の配慮事項/4.必履修教科・科目の推移

3節 高等学校教育課程の実際と改善の方向
1.特別活動の実際/2.高等学校教育の改善の方向
column7 高等学校特別活動の指導事例―「キャリア教育を通して進路を明確にし,自己実現をめざす」

第8章 特別支援教育の学習指導要領と教育課程編成の実際

1節 特別支援教育の学習指導要領の変遷
1.特殊教育時代の教育課程/2.教育課程論を学ぶためのポイント

2節 特別支援学校・学級の教育課程
1.特別支援学校の教育課程/2.特別支援学級の教育課程

3節 インクルーシブ教育時代の教育課程:通常学級の改革とインクルーシブ教育
1.インテグレーションからインクルージョンへ/2.教育課程と授業づくり
column8 就学前の特別支援教育と卒業後の学びの場づくり

第9章 学校経営・学級経営・生徒指導と教育課程との関連

1節 学校経営の鍵を握るカリキュラム・マネジメント
1.特色ある学校づくりと学校裁量権の拡大/2.「生きる力」を育成するためのカリキュラム・マネジメント

2節 学級経営と教育課程の関連性
1.日本型学級経営の特徴/2.学級経営と教育課程

3節 生徒指導の機能が生きる教育課程
1.生徒指導の機能と教育課程/2.教育課程の諸領域と生徒指導/3.これからの生徒指導の方向性と教育課程:「ガイダンスカリキュラム」
column9 ガイダンスカリキュラムの取り組み

第10章 各教科と道徳・特別活動・総合的な学習の時間の関連
1節 教科指導と道徳の関連
2節 教科指導と特別活動
3節 教科指導と総合的な学習の時間との関連

4節 「特別の教科 道徳」の創設――学校教育法施行規則一部改正による「特別の教科道徳」の誕生
1.いじめ防止対策推進法と教育再生会議のいじめ問題への提言/2.「特別の教科 道徳」を答申した中央教育審議会答申/3.学習指導要領における道徳科の目標の整理と簡略化/4.4つの内容項目順の変化と項目数の調整/5.指導計画の作成と内容の取り扱い,評価のポイント
Column10 教科指導と生徒指導,そして共生から

第11章 教育課程と評価

1節 教育課程における評価の意義と役割 
1.学びの確かめとしての教育評価:学習評価と教育評価/2.学習評価の意義と役割

2節 相対評価・絶対評価と通知表・指導要録
1.相対評価の考え方/2.目標に準拠した評価(客観的絶対評価)の考え方/3.到達目標・向上目標・体験目標

3節 評価の方法
1.パフォーマンス評価とは何か/2.パフォーマンス課題の特徴/3.ルーブリックの作成/4.パフォーマンス評価の問題点と今後の課題

4節 教育課程評価・学校評価
1.カリキュラム改訂,改革,改善と評価/2.制度化された学校評価
column11 実態調査:国際教員指導環境調査(TALIS第2回調査)

第12章 カリキュラム開発と学力向上策

1節 全国学力調査
1.全国学力調査と教育課程/2.学力調査と教育委員会

2節 学力に影響を与えるもの
1.メリトクラシーとペアレントクラシー/2.効果のある学校

3節 学力向上策――福井県のある中学校の取り組み
1.教科センター方式/2.メディアスパイラル方式/3.ホームベース/4.生徒組織:スクエア制/5.学習ナビと単元ごと観点別評価による通知表
column12 学校建築と教育課程

第13章 2008年学習指導要領改訂の経過と特徴

1節 教育改革国民会議から教育基本法改正を経た指導要領の改訂
1.学力低下批判から学習指導要領の解釈変更へ/2.「確かな学力」を再定義した2005年,2008年の中央教育審議会答申/3.基礎的な知識・技能の習得と活用する思考力・表現力は車の両輪/4.「PISAショック」と学力向上策/5.教育基本法ならびに学校教育法等関連法令の改正

2節 中央教育審議会答申にみる課題意識と基本的な考え方
1.2008年中央教育審議会答申にみる教育の課題意識/2.2008年版学習指導要領の基本的な「生きる力」という理念/3.教育課程の基本的な枠組み

3節 学習指導要領の教育内容のおもな改善事項
1.各教科・科目等の内容の改善の具体的な改善事項/2.教育課程実施上の配慮事項
column13 特別の教科「道徳」:道徳の教科化への道

第14章 国際学力調査の教育課程改革への影響

1節 「学力」の問い直しと国際的「学力調査の時代」
1.PISA調査/2.TIMSS調査

2節 PISA調査の「学力」(=リテラシー)概念とその調査
1.国際標準な「学力」とその基礎としてのキー・コンピテンシー/2.PISA調査が測定する リテラシー

3節 国際的「学力」調査のインパクト
1.PISA調査とTIMSS調査における日本の「学力」状況/2.PISA型「読解力」のインパクト

4節 全国学力・学習状況調査と日本の教育課程への影響
1.全国学力・学習状況調査とPISA型読解力/2.日本の教育課程への影響
Column14 PISAショックと各国の教育改革への影響

第15章 様々な教育課程の改革

1節  教育改革と教育課程
 ――米 National Education Technology Plan 2010の事例を含めて
1.はじめに/2.K-12からP-16へ:予防的教育と一人ひとりを伸ばす教育の導入/3.モバ イル機器とオンライン学習環境による教育課程と教育方法の変革/4.学習協働体による教 育:同じ興味を持つ生徒への地域の専門家による指導/5.学び続ける教員像:教師の学習協働体と学習環境を支える基盤

2節 地域に根差した授業づくり
1.標津町と標津サーモン科学館について/2.標津サーモン科学館の学校教育/3.地域の博物館と学校教育

3節 「ディジタルものづくり」のカリキュラム開発と授業実践
1.はじめに/2.「ディジタルものづくり」カリキュラムの開発と実践/3.教育課程の改革に向けて:「連携」によるカリキュラムづくり
Column15 教育課程と多様性

引用・参考文献
索引
付録