日中 法と心理学の課題と共同可能性
もくじ

はじめに

第1部 日中の司法と法心理学 刑事司法を中心に
 第1章 日本における「法と心理学会」の歴史と課題 供述心理学領域
     の研究・実践に焦点を当てて
  1 法と心理学会の設立とその前史
  2 日本における冤罪事件とその問題状況
  3 日本型精密司法と供述分析
  4 裁判員裁判下で「汚染されたデータ」に取り組むために
  5 終わりに
 第2章 中国における法心理学
  1 困難克服の道(1979〜1983年)
  2 百花斉放(1984〜1992年)
  3 価値が明らかに(1993〜2002年)
  4 安定的発展(2003年〜)
 第3章 日中の法システムの特徴 刑事法を中心に
  1 日本における刑事裁判の進め方
  2 中国の刑事手続きについて

第2部 中国の法心理学研究から
 第4章 刑期終了者再犯リスクアセスメント尺度(RRAI)の研究
  1 研究仮説
  2 研究方法
  3 調査結果
  4 再犯リスク要因:まとめ
  5 再犯予測表作成の原則と根拠
  6 再犯予測得点表と等級区分表
  7 まとめ
 第5章 被疑者の自白に影響する要因とその対策に関する研究
  1 研究目的
  2 研究方法
  3 研究結果
  4 分析と討論
  5 研究の結論と提言
 第6章 同一性識別手続きと同一性識別結果の正確性の評価
  1 証拠としての同一性識別結果
  2 証拠収集方式としての同一性識別手続き
  3 同一性識別の結論の正確性の評価
 第7章 矯正治療心理学原論
  1 矯正治療心理学設立の必要性
  2 矯正治療心理学の研究領域の特殊性
  3 矯正治療心理学の専門性格
 第8章 捜査における犯罪プロファイリングの実際と価値
  1 犯罪プロファイリングの意味
  2 犯罪プロファイリングの内容
  3 犯罪プロファイリングの基礎:行動資料
  4 犯罪プロファイリングの根拠:心理ロジック

第3部 日本の法心理学研究から
 第9章 足利事件とスキーマ・アプローチ
  1 足利事件
  2 足利事件における供述信用性評価
  3 分析単位としての「動的な個別性」
  4 供述生成スキーマ
  5 スキーマ・アプローチの有効性と限界
 第10章 虚偽自白の心理 無実の人がなぜ虚偽の自白に落ちるような
      ことが起こるのか
  1 虚偽自白の心理と「渦中の視点」
  2 自白への転落過程:嘘の自白に落ちる心理
  3 自白内容の展開過程:「犯人になる」心理
  4 取調官の側の心理
  5 「渦中の心理学」へ向けて
 第11章 顔の再認記憶における同調
  1 記憶の歪み研究の概要
  2 記憶への社会的影響研究と現実世界で起こる社会的影響
  3 現実世界における記憶の社会的影響
  4 帝銀事件における顔の再認記憶への社会的影響研究
  5 総合考察
  6 帝銀事件と本研究との連関
 第12章 刑務所から見える犯罪者と刑罰
  1 はじめに
  2 刑事司法の専門家による犯罪者像の違い
  3 刑事司法の専門家が持つ偏見
  4 刑罰の持つ逆進性
  5 平均的受刑者像
  6 人はなぜ犯罪者となるのか
  7 受刑者の採用面接
  8 増加する高齢受刑者と刑務所での死亡
  9 刑罰は何も解決しない
  10 社会的包摂かそれとも排除か
  11 罰して終わりの日本の刑事司法
  12 再犯防止というレトリック
 第13章 意図せず虚偽事実が共同生成されること 幼児と大人の
      ディスコミュニケーション
  1 問題
  2 方法
  3 結果と考察
  4 総合討論

第4部 公開座談会
「法と心理学の実務と理論を巡る日中対話」

付録
「目撃供述・識別手続に関するガイドライン」