ふと浮かぶ記憶と思考の心理学
 無意図的な心的活動の基礎と臨床
もくじ

はじめに
 
1章 ふと浮かぶ記憶・思考とは何か
1節 はじめに
2節 ふと浮かぶ記憶とは
3節 ふと浮かぶ思考とは
4節 本書の構成
5節 おわりに

2章 意図的想起と無意図的想起−自伝的記憶
1節 はじめに
2節 無意図的想起の研究方法
3節 無意図的想起の検索過程
4節 おわりに

3章 ふと浮かぶ過去−自伝的記憶の無意図的想起
1節 はじめに
2節 想起状況
3節 想起内容
4節 無意図的想起の役割
5節 無意図的想起と想起者特性
6節 おわりに

4章 匂いと記憶−プルースト現象
1節 ふと浮かぶ記憶・思考研究からみたプルースト
   現象
2節 嗅覚と記憶に関する従来の研究
3節 嗅覚刺激による意図的に想起された自伝的記憶
   憶のの研究
4節 嗅覚刺激による無意図的に想起された自伝的記
   研究
5節 嗅覚とふと浮かぶ記憶・思考研究の現在と未来
6節 おわりに

5章 ふと浮かぶ未来の予定の記憶
1節 はじめに
2節 未来の予定の記憶
3節 未来の予定の無意図的想起
4節 予定の想起の無意図性と自発性
5節 おわりに

6章 ひらめきと問題解決−洞察問題解決
1節 はじめに
2節 洞察の特徴を探る研究の概観
3節 洞察問題解決の説明理論:ひらめきはいかに
   して起こるのか
4節 洞察を促すものと邪魔するもの
5節 おわりに

7章 さまよう思考―マインドワンダリング
1節 はじめに
2節 マインドワンダリングの測定法
3節 マインドワンダリングの現象的特徴
4節 マインドワンダリング生起のメカニズム
5節 マインドワンダリングの適応的意義
6節 終わりに

8章 未来の出来事の思考−エピソード的未来思考
1節 エピソード的未来思考
2節 エピソード的未来思考研究−エピソード記憶の
   重要性
3節 エピソード的未来思考のプロセス
4節 エピソード的未来思考を促進させる要因
5節 エピソード的未来思考が他の認知活動に及ぼす
   影響
6節 おわりに

9章 考えたくないことが心に浮かぶ
    −思考抑制の意図せざる影響
1節 思考を抑制することの難しさ
2節 シロクマについては考えないでください
3節 思考抑制の意図せざる影響
4節 考えない方法について考える
5節 これから考えるべきこと

10章 ふと浮かぶ記憶・思考の計算論モデル
1節 ふと思い浮かぶ現象への理論的アプローチ
2節 グローバル・ワークスペース理論
3節 計算論モデルIDA
4節 おわりに

11章 ふと浮かぶ記憶・思考の神経機構
1節 はじめに
2節 無意図的想起と脳の働き
3節 マインドワンダリングの神経基盤
4節 ひらめき(洞察)をうむ脳

12章 ふと浮かぶ思考と自由意志の感覚
1節 はじめに
2節 心に浮かぶ世界
3節 己を知ることの功罪
4節 われ思うかのように感じる仕組み
5節 意志とは何か?

13章 ふと浮かぶ思考と抑うつ
1節 抑うつと「ふと浮かぶ思考」
2節 抑うつと反すう
3節 反すうの起源を探る
4節 反すうとどう向き合うか
5節 展望とまとめ

14章 ふと浮かぶ記憶とPTSD
1節 PTSD(心的外傷後ストレス障害) とは何か
2節 PTSDの症状
3節 PTSDの諸症状が生起するメカニズム
4節 侵入想起過程の実験研究
5節 侵入想起される記憶は本物か
6節 トラウマ記憶は抑圧されるのか?

15章 ふと浮かぶ記憶・思考とのつきあい方
1節 はじめに
2節 正体不明の存在への4つの態度
3節 無意識的な意図を信じる人間性アプローチ
4節 力動論から見た無意識的な意図
5節 無意識的な意図と意識のメカニズム
6節 認知行動療法(CBT)における無意識的な意図
   とのつきあい方
7節 まとめ