人間関係を支える心理学
 心の理解と援助 もくじ

第1部 人間関係の基本
 Chapter1 自己と他者
  1 対人関係と自己
   1.自己認知
   2.自己評価
   3.自己評価の維持
   4.自己認知の歪み
  2 対人認知と他者理解
   1.対人認知
   2.ステレオタイプ
   3.対人認知の歪み
  3 対人感情と共感
   1.対人感情とその分類
   2.情緒の表出と認知
   3.共感的理解
  4 対人関係の発展
   1.自己開示
   2.恋愛関係の深化
   3.患者−看護師関係の変化
 Chapter2 対人コミュニケーション
  1 非言語的コミュニケーション
   1.コミュニケーションとは
   2.非言語的コミュニケーションとその役割
   3.表情と視線
   4.身体動作と身体接触,対人距離
  2 コミュニケーションと説得
   1.説得的コミュニケーションとは
   2.説得を成功させるためには
   3.望まない説得から身を守るには
   4.説得に対する交互作用効果
  3 ヘルスコミュニケーション
   1.ヘルスコミュニケーションとは
   2.医療者−患者間コミュニケーション
   3.パブリック・ヘルスコミュニケーション
 Chapter3 人間関係の諸相
  1 家族の人間関係
   1.家族とは何か
   2.心理学における家族研究
  2 学校の人間関係
   1.教師期待効果とは
   2.教師期待効果の生起過程
   3.一般的行動における期待効果の生起過程
  3 職場の人間関係
   1.職場の人間関係の特質
   2.職場の集団規範
   3.職場のリーダーシップ
   4.職場の対人葛藤
  4 地域社会の人間関係
   1.伝統的な近隣関係の特徴
   2.ライフスタイルと近隣関係の変化
   3.近隣関係に関する意識とその問題
   4.コミュニティ作りの時代
   5.コミュニティと人間関係

第2部 人間関係の臨床的問題
 Chapter4 人間関係とストレス
  1 現代社会とストレス
   1.現代人のストレス
   2.現代社会のさまざまなストレス
  2 ストレスと健康
   1.ストレスとは
   2.心身症
   3.不安障害,気分障害,行動的不適応
   4.ストレスを測る
   5.ストレスへの対処(コーピング)
  3 対人援助職のバーンアウト
   1.バーンアウトとは
   2.バーンアウトの発生原因
   3.バーンアウトの症状
   4.バーンアウトの対処法
  4 ストレスとソーシャルサポート
   1.ソーシャルサポートとは
   2.重要な他者と多様なサポート資源
   3.ソーシャルサポートと健康
   4.ソーシャルサポートのストレス緩和効果
 Chapter5 人間関係の不適応
  1 不適応のとらえ方
   1.「適応」と「不適応」
   2.不適応の心理力動
   3.適応機制
   4.不適応に基づく障害
   5.不適応への対応
  2 ひきこもり
   1.ひきこもりの現状
   2.ひきこもり当事者の意識
   3.ひきこもりの心理・社会的背景
   4.ひきこもりの支援
   5.ひきこもりの課題
  3 いじめ
   1.なくならない「いじめ」
   2.「いじめ」という現象
      ―いじめと非いじめの境界線―
   3.いじめの現状
   4.いじめの特徴
   5.いじめの影響
   6.ネットいじめ
   7.いじめの予防と対応
   8.いじめと現代社会
  4 児童虐待
   1.虐待の分類
   2.虐待の統計
   3.虐待が生じる背景要因
   4.子どもの発達への影響
   5.虐待を受けた子どもと養育者への心理的アプ
     ローチ
  5 抑うつ
   1.抑うつとは
   2.抑うつと関連する人間関係上の要因
   3.抑うつと自殺の問題

第3部 人間関係の臨床的援助
 Chapter6 臨床場面の人間関係
  1 臨床場面におけるアセスメント
   1.アセスメントとは
   2.面接によるアセスメント
   3.心理検査を用いたアセスメント
   4.発達のアセスメント
   5.コミュニティのアセスメント
  2 家族関係のアセスメント
   1.アセスメントと家族
   2.家族アセスメントの視点
   3.アセスメントの方法
  3 心理臨床場面における人間関係
   1.心理臨床場面における人間関係の特質と心理
     臨床面接
   2.心理臨床面接の基本ルール
   3.心理臨床面接の基本的態度
4 心理療法場面における関係性の実際
   1.心理療法の関係性と治療構造
   2.主な心理療法の技法と関係性
 Chapter7 人間関係のスキルとトレーニング
  1 人間関係のスキル
   1.人間関係をスキルでとらえる
   2.ソーシャルスキルの定義と種類
   3.ソーシャルスキルで人間関係をとらえる意義
   4.ソーシャルスキルのアセスメント
  2 人間関係のトレーニング法
   1.トレーニングの基本的な流れ
   2.ソーシャルスキルが生起するまでの各過程の
     トレーニング
   3.トレーニングの形態
   4.トレーニング法の実際
 Chapter8 地域の臨床的援助
  1 コミュニティ援助とは何か
   1.コミュニティ援助の視点
   2.コミュニティ援助の定義と理念
   3.コミュニティ援助の目標と介入
   4.個人臨床とコミュニティ援助の比較
   5.個人の理解に基づいたコミュニティ援助
   6.コミュニティ援助の展開
  2 コミュニティ援助の方法
   1.危機介入
   2.コンサルテーション
   3.セルフヘルプグループ
   4.サポートネットワーク作り
   5.予防教育
  3 コミュニティ援助の実際
   1.MFの概要
   2.主な活動内容
   3.コミュニティ援助の意義と課題
 Last Chapter よりよい人間関係を目指して
  1 変貌する現代社会と人間関係
  2 インターネット社会と人間関係
  3 よりよい関係を培う条件
   1.基本的な条件
   2.人間関係の基本ルール
  4 人間関係と困難に対処する力

 Appendix
  1 教師期待効果―願いは叶えられる?―
  2 発達障害と人間関係
  3 感謝すると健康と幸せが手に入る?
  4 首尾一貫感覚は燃え尽きを予防・緩和する