キーワード 教育心理学
 学びと育ちの理解から教員採用試験
 対策まで もくじ

まえがき

1章 教育心理学とは
 1.教育心理学の目的と課題
  (1)教育心理学の目的
  (2)教育心理学の課題
 2.教育心理学の研究領域
  (1)教育心理学の基本領域
  (2)教育心理学の6領域
 3.教育心理学の歴史
  (1)教育心理学の源流
  (2)日本の教育心理学の流れ
 4.教育心理学の研究法
  (1)教育心理学の研究
  (2)教育心理学の代表的研究法
  Column1 学校教育と脳を結ぶ多重知能

2章 発達の原理・原則
 1.発達の要因
  (1)人間誕生の特徴
  (2)遺伝と環境
  (3)成熟と学習
  (4)初期経験と臨界期・敏感期
 2.発達の様相
  (1)発達の原理
  (2)発達の区分
  (3)発達曲線
 3.発達と教育
  (1)発達課題
  (2)発達の最近接領域
  Column2 実行機能

3章 乳幼児期と児童期の発達
 1.ピアジェの発達理論
  (1)思考の発達段階
  (2)思考の発達のしくみ
 2.新生児期・乳児期の発達
  (1)原始反射
  (2)運動機能の発達
  (3)愛着の形成
  (4)ことばの獲得
 3.幼児期の発達
  (1)自我の発達
  (2)思考の発達
  (3)思考様式の特徴
  (4)ことばの発達
 4.児童期の発達
  (1)環境の変化と身体の発達
  (2)仲間関係の発達
  (3)論理的思考の発達
  (4)素朴概念
  Column3 心の理論

4章 青年期以降の発達
 1.青年期と発達課題
  (1)青年期とは
  (2)青年期の発達課題
 2.青年期の身体発達と知的発達
  (1)発達加速現象
  (2)第2次性徴
  (3)知的発達のピーク
  (4)形式的操作段階の思考
 3.青年期の人格形成
  (1)フロイトの人格構造論
  (2)フロイトの心理性的発達段階論
  (3)エリクソンのライフサイクル論
  (4)自我同一性の確立
 4.道徳性の発達
  (1)ピアジェの道徳理論
  (2)コールバーグの道徳理論
 5.成人期と老年期
  (1)成人期と発達課題
  (2)老年期と発達課題
  Column4 道徳判断をする脳

5章 学習のしくみ
 1.学習とは
  (1)学習の定義
  (2)学習の理論
 2.古典的条件づけ
  (1)パブロフの古典的条件づけ
  (2)ワトソンの恐怖条件づけ
 3.オペラント条件づけ
  (1)スキナーのオペラント条件づけ
  (2)プログラム学習
  (3)試行錯誤学習
 4.認知説
  (1)認知説とは
  (2)洞察
  (3)認知地図
  Column5 学習をとらえる多様な視点

6章 記憶
 1.記憶の過程
  (1)符号化,貯蔵,検索
  (2)再認と再生
  (3)忘却
 2.記憶の二重貯蔵モデル
  (1)モデルの概要
  (2)感覚記憶
  (3)短期記憶
  (4)長期記憶
 3.ワーキングメモリ
  (1)ワーキングメモリとは
  (2)ワーキングメモリの特徴とモデル
  (3)ワーキングメモリと学習,発達
  Column6 再構成される記憶

7章 メタ認知と学習方略
 1.メタ認知
  (1)メタ認知とは
  (2)メタ認知的知識とメタ認知的活動
  (3)メタ認知の発達
  (4)メタ認知をはぐぐむ
 2.学習方略
  (1)学習方略とは
  (2)学習領域に一般的な方略と固有な方略
  (3)学習方略を規定する要因
  (4)学習方略の獲得の支援
 3.自己調整学習
  (1)自己調整学習の過程
  (2)自己調整学習方略
 4.学習の転移
  (1)正の転移と負の転移
  (2)メタ認知と学習の転移
  Column7 授業に積極的に参加している学習者
       の姿とは

8章 動機づけ
 1.動機づけと動機の種類
  (1)動機づけとは
  (2)欲求階層説
 2.内発的動機づけと外発的動機づけ
  (1)強化の源泉による動機づけの分類
  (2)アンダーマイニング現象
 3.動機づけの諸理論
  (1)期待価値モデル
  (2)学習性無力感
  (3)自己効力感
  (4)パフォーマンス目標とラーニング目標
  Column8 存在脅威管理理論
       −人はなぜ自尊心を欲するのか?

9章 授業の過程
 1.発見学習
  (1)発見学習とは
  (2)発見学習の過程
  (3)仮説実験授業
 2.有意味受容学習
  (1)有意味受容学習とは
  (2)先行オーガナイザー
 3.協同学習
  (1)協同学習とは
  (2)バズ学習
  (3)ジグソー学習
  (4)LTD
 4.個に応じた教育
  (1)適正処遇交互作用
  (2)完全習得学習
  (3)学習曲線
  Column9 話し合いを支える教師とは

10章 知能と創造性
 1.知能とは
  (1)知能の定義
  (2)さまざまな知能説
 2.知能検査
  (1)知能検査とは
  (2)ウェクスラー式知能検査
  (3)知能検査結果の表し方
 3.学業不振児
  (1)勉強ができない子ども
  (2)知能水準と学業水準の違い
  (3)学業不振の原因
 4.創造性
  (1)創造性とは
  (2)創造性の測定
  (3)創造的な思考
  Column10 情動知能

11章 発達障害
 1.発達障害とは
  (1)発達障害の種類
  (2)発達障害のある子どもへの指導
  (3)学校における指導体制
 2.広汎性発達障害
  (1)広汎性発達障害の定義
  (2)自閉症
  (3)レット障害と小児期崩壊性障害
  (4)広汎性発達障害児への指導
 3.学習障害(LD)
  (1)学習障害とは
  (2)学習障害を判定する方法
  (3)学習障害児への指導法
  (4)学校における指導体制
 4.注意欠陥多動性障害(ADHD)
  (1)注意欠陥多動性障害とは
  (2)注意欠陥多動性障害の診断
  (3)注意欠陥多動性障害の対処・指導
  Column11 ソーシャル・スキル・トレーニング

12章 学級集団
 1.学級集団の機能
  (1)学級集団とは
  (2)学級集団の機能
  (3)学級集団の中の人間関係
  (4)学級集団の発達的変化
 2.学級集団の査定
  (1)ソシオメトリック・テスト
  (2)ソシオメトリック・テストの集計
  (3)学級集団の構造
  (4)ゲス・フー・テスト
 3.リーダーシップ
  (1)リーダーシップとは
  (2)専制型,民主型,放任型のリーダーシップ
  (3)PM理論
  (4)リーダーシップの源
 4.教師の適性
  (1)教師への向き,不向き
  (2)教師らしさ
  (3)求められる教師像
  (4)教師の認知のゆがみ
  Column12 学級集団への適応を測定する指標

13章 教育評価
 1.教育評価の機能と目的
  (1)教育評価の機能
  (2)教育評価の目的
 2.教育評価の主体と対象
  (1)教育評価の主体
  (2)教育評価の対象
 3.教育評価の分類と方法
  (1)教育評価の分類
  (2)教育評価の方法
  Column13 教育におけるPDCAサイクル

14章 教育統計
 1.教育における統計
  (1)教師に必要な統計の知識と技術
  (2)統計の段階
 2.測定
  (1)測定とは
  (2)尺度
  (3)測定誤差と尺度の信頼性
  (4)直接測定・間接測定と尺度の妥当性
 3.記述統計:1変数の記述
  (1)度数分布とパーセント
  (2)代表値
  (3)散布度
  (4)標準化と標準得点
 4.記述統計:2変数の記述
  (1)クロス集計表
  (2)相関係数
  Column14 偏差値


 引用文献
 索引