心理援助職のためのスーパービジョン
 効果的なスーパービジョンの受け方から,
 良きスーパーバイザーになるまで
 もくじ

日本の読者のみなさまへ

第1部 スーパーバイジーの視点から

第1章 「ほどよい」スーパービジョン

第2章 なぜ対人援助者となるのか?
1.はじめに
2.影を直視すること
3.自分自身の動機を探求する
4.力への渇望
5.自分自身のニーズにどう対応するか
6.癒そうとする願望
7.まとめ

第3章 学習を継続し,職場での実りとしていくこと
1.はじめに
2.自己再生――自己の成長と自己資源の開発
3.質的資源の分布図を作成する
4.ストレス
5.燃え尽き
6.心的外傷後ストレス
7.まとめ

第4章 効果的なスーパーバイジーのあり方
1.はじめに
2.スーパービジョンを通して自己の質的資源を開発する
3.必要とするスーパービジョンを手配し,適度な責任を
  負う
4.スーパービジョンを受ける際に障壁となるもの
5.障壁の克服――ジェラルディーンの物語
6.セルフスーパービジョン
7.まとめ

第2部 スーパーバイサーとスーパービジョン

第5章 スーパーバイザーになるに当たって
1.はじめに
2.なぜスーパーバイザーになるのか?
3.どのように始めるのか
4.よきスーパーバイザーに求められる資質とは
5.スーパーバイザーの役割
6.適切な権限と裁量
7.倫理について
8.まとめ

第6章 スーパービジョンの概要とそのモデル
1.はじめに
2.スーパービジョンとは何か?
3.スーパービジョンの機能
4.スーパービジョンの形式
5.スーパービジョンのプロセスモデル
6.CLEARスーパービジョンモデル
7.モデルの各段階で有効な質問と返答
8.契約を作成する
9.契約の交渉する
10.スーパービジョンの取り決め
11.スーパービジョンを行なうスタイル
12.スーパービジョンにおける発展的アプローチ
13.発展的アプローチを検証する
14.リサーチ
15.アクションリサーチ
16.まとめ――自分の枠組みを選択すること

第7章 7眼流スーパービジョン――スーパービジョンの
    プロセスモデル
1.はじめに
2.二重座標モデル,あるいは7眼流スーパービジョン
  モデル
3.モード1――クライアントに対する焦点と,クライ
        アント自身が何を,どのように提示し
        たのかに対する焦点
4.モード2――スーパーバイジーの方針や介入を検討する
5.モード3――クライアントとスーパーバイジーの関係に
        焦点を当てる
6.モード4――スーパーバイジーに焦点を当てる
7.モード5――スーパービジョンの関係に焦点を当てる
8.モード6――スーパーバイザーが自身のプロセスに
        焦点を当てる
9.モード7――職種における広い文脈に焦点を当てる
10. さまざまなプロセスを統合する
11.発展的な視野からモデルを組み合わせる
12.モデルに対する批判
13.まとめ

第8章 差異を越えてのスーパービジョン
1.はじめに
2.文化を理解するに当たって
3.文化的な志向性
4.文化的差違を受け入れる
5.スーパービジョンにおける,文化的あるいはその他の
  差違の認識
6.信条に基づく集団をまたがって仕事をする
7.権力と差違
8.7眼流モードに関連する差違
9.文化をまたがったスーパービジョンを発展させる
10.亡命希望者や難民のスーパービジョン
11.まとめ

第9章 スーパーバイザーへのトレーニングとその発展
1.はじめに
2.自分自身の学びの必要性を判断する
3.トレーニングのコースを設置する
4.新人スーパーバイザーに向けてのスーパービジョンの
  コアコース
5.学生や実習者のスーパーバイザーに向けてのスーパー
  ビジョンのコアコース
6.チームスーパービジョンとグループスーパービジョンの
  コース
7.カウンセリング,心理療法,その他の心理的な作業に
  対するスーパービジョンを提供している人のための
  心理療法スーパービジョンコース
8.スーパービジョンの発展コース
9.倫理的なジレンマに対する訓練
10.文化をまたがったスーパービジョンに対する訓練
11.評価と認定
12.まとめ

第3部 グループ,チーム,ピアグループのスーパー
    ビジョン

第10章 グループ,チーム,ピアグループのスーパー
     ビジョン
1.はじめに
2.グループスーパービジョン
3.チームスーパービジョン
4.ピアスーパービジョン
5.まとめ

第11章 グループダイナミクスを探求する
1.はじめに
2.グループの段階
3.グループダイナミクス
4.グループまたはチームの振り返りを促進する
5.まとめ

第4部 組織的なアプローチ

第12章 スーパービジョンのネットワーク
1.はじめに
2.抑制と排除のバケツ理論
3.アンドリューと治療機関にまつわる話
4.ブレンダと広がる不安にまつわる話
5.キャロルと性虐待にまつわる話
6.クリーブランドでの性虐待にまつわる話
7.まとめ

第13章 学びの文化に向かって――スーパービジョンを
     めぐる組織的文脈
1.はじめに
2.文化とは何か?
3.文化のレベル
4.スーパービジョンの後退を引き起こす組織文化の
  ダイナミクス
5.文化的なパターンを変化させる
6.学びと成長の文化をつくり上げていく
7.学校においての「よさを見いだす質問法」
  ――文化の変化の例
8.スーパービジョンと,学ぶ組織,学ぶ専門家
9.スーパービジョンにおける生成的学習への再考察
10.まとめ

第14章 組織内のスーパービジョンの指針とその実践
1.はじめに
2.ステップ1――スーパービジョンですでに起こっている
         ことに関して,よさを見いだす質問法を
         組み込んでいくこと
3.ステップ2――スーパービジョンの実践と指針の発展に
         対する興味を示していくこと
4.ステップ3――実験を始めてみること
5.ステップ4――変化への抵抗に対処すること
6.ステップ5――スーパービジョンの指針を起草すること
7.ステップ6――スーパーバイザーとスーパーバイジーの
         ための,継続した学びと成長のプロセス
         を展開させる
8.ステップ7――継続的な監査と再考察のプロセスを組み
         込むこと
9.まとめ

第15章 まとめ――開かれた精神を持つこと

付録
文献
索引