犯罪に挑む心理学Ver.2
現場が語る最前線 もくじ

2版を出版するにあたって


第1部 現代の犯罪心理学
 第1章 犯罪に挑む人たち
  1節 犯罪心理学という仕事
      −捜査・裁判・矯正
  2節 試験システムと合格体験
   ■トピックス1 犯罪心理学書籍紹介
   ■トピックス2 警察組織と心理職に
     ついて
 第2章 捜査の現場
      −事件は現場で起きている
  1節 犯罪者プロファイリング
  2節 地理的プロファイリング
  3節 筆跡鑑定
  4節 ポリグラフ検査
  5節 少年警察活動における少年相談
   ■トピックス3 国際捜査心理学会
 第3章 鑑別と矯正の現場
  1節 少年鑑別所
  2節 少年院
  3節 刑務所
   ■トピックス4 心理テストの様々
 第4章 現代の犯罪と非行
  1節 犯罪の最前線
  2節 窃盗と強盗
  3節 性犯罪
  4節 凶悪な少年非行
     −いわゆる「いきなり型非行」に
      ついて−
   ■トピックス5 ストーカー犯罪

第2部 犯罪心理学の方法と理論
 第5章 犯罪とは何か
  1節 犯罪研究の歴史
  2節 法律と犯罪
   ■トピックス6 犯罪関連学会
 第6章 犯罪心理学へのアプローチ
  1節 臨床心理学的アプローチ
  2節 社会心理学的アプローチ
  3節 認知,生理,環境からのアプローチ
   ■トピックス7 捜査員の推論過程
 第7章 心の世界から犯罪を見る
      −臨床心理学
  1節 矯正の現場で心理学がいかに
     活用・応用されているか
  2節 非行少年の心を理解する
  3節 非行少年の心にかかわる
   ■トピックス8 FBIの各種類型
 第8章 犯罪に挑む社会心理学
  1節 生態学的社会学・心理学
      −特に円循環的見地の強調
  2節 犯罪・非行における安倍理論
  3節 関連する諸理論
  4節 集団におけるトルネード仮説
   ■トピックス9 サイバー犯罪

第3部 これからの犯罪心理学
 第9章 犯罪心理学はもっとおもしろくなる
  1節 発達心理学者から
  2節 環境心理学者から
  3節 精神生理学者から
   ■トピックス10 寺田精一
     −日本最初の犯罪心理学者
 第10章 犯罪心理学の展望
  1節 警察の現場から
  2節 矯正の現場から
  3節 犯罪心理学の今後
   ■トピックス11 犯罪心理学と根拠に
    基づく実践