愛とユーモアの社会運動論
 末期資本主義を生きるために
 もくじ

プロローグ

第1部 資本主義
第1章 疲弊する労働環境
  難民化する若者たち
  不安定労働の実態
  非正規労働化の趨勢
  グローバル資本主義

第2章 資本主義のしくみ
  資本主義の精神
  資本の自己増殖
  生産・消費・廃棄
  スピリチュアル資本主義

第3章 後期資本主義
  資本主義の高度化
  クリエイティヴ労働
  主観性の生産


第2部 対抗
第4章 フリーター闘争
  ひとを傷つける職場
  希望は戦争か?
  戦後社会への不信
  フリーター世代が生きていくために

第5章 抵抗の空間
  反システム運動
  居場所の思想
  イデオロギーからスペースへ
  研究空間〈スユ+ノモ〉
  コミュネットへ

第6章 社会運動のユーモア
  笑いの機能
  ユーモアの戦術
  主観性の組み替え
  企業と社会
  日和見主義の戦術


第3部 実験
第7章 カフェと文化の実践
  カフェ太陽
  カフェコモンズ
  ニートピア
  労働の再考

第8章 社会のオルタナティヴ
  第三の場所
  複数の力学
  未知なるものへの愛


エピローグ
あとがき