父親の心理学  もくじ

序文
 第1章 はじめに
  1節 子どもの発達・適応の諸問題
  2節 子育てをめぐる諸問題
  3節 社会構造と養育環境の変化

第T部 父親研究の「これまで」
 第2章 現代社会と父親
  1節 父親の役割の再発見
  2節 父親研究の動向
   1.父性の発達
   2.父親の影響力
 第3章 父親の存在意義
  1節 父親は必要か
  2節 父性と母性
   1.厳格さ、権威を特色とする父性
   2.協調性、民主的なかかわりを特色とする父性
   3.親性
  3節 日本の父親の弱点
   1.子どもは父親をどのように見ているか
   2.親子の共同行動
   3.父親の自己評価による父親らしさの国際比較
   4.夫婦関係についての夫の意識
 第4章 理想と現実の父親
  1節 育児を取り巻く現代的課題と父親
   1.母親1人に親役割が負荷されることによる弊害
   2.父親の物理的不在と機能的不在:
     家庭とのかかわりが希薄になる父親
  2節 現代の“理想の父親像”とは?
   1.強く、厳しい父親−権威ある父親
   2.仕事だけでなく育児や家事にも積極的にかかわ
     る父親
  3節 理想通りにならない現実とその背景
   1.子どもとかかわる時間
   2.子どもや家庭への父親としてのかかわり方

第U部 父親に関する諸問題
 第5章 男性が父親になるプロセス
  1節 父性の芽生え
   1.日本経済と父性の芽生え
   2.少子化社会と父性の芽生え
   3.ジェンダー観・結婚観と父性の芽生え
   4.認知的発達と父性の芽生え
  2節 父性の発達
   1.結婚と父性の発達
   2.妻の妊娠・出産と父性の発達
   3.育児と父性の発達
   4.子どもの自立と父性の発達
   5.社会の期待と父性の発達
   6.父性の発達促進モデル
 第6章 父親と家族
  1節 家族の発達段階
   1.個人の発達段階と父親
   2.家族ライフサイクルの諸所説
   3.家族システムの変化と父親
  2節 家族の抱える問題
   1.家族の病理と危機管理
 第7章 子どもの発達段階と父親の役割
  1節 乳幼児期
   1.その現状
   2.問題点
  2節 児童期
   1.その現状
   2.問題点
  3節 青年期
   1.その現状
   2.問題点
 第8章 子どもから見た父親
  1節 子どもが抱く父親像
  2節 子どもの父親イメージや評価に影響するもの
   1.父親との接触時間や父親の家族へのかかわり
   2.子どもの性別
   3.社会で求められる父親像の変化
   4.母親による父親の評価
 第9章 父子家庭
  1節 父子家庭の実態
   1.父子家庭(父子世帯)とは
   2.父子家庭の直面する困難
  2節 父子家庭に関する研究
   1.父子家庭の父親の特徴
   2.子どもの問題との関連
  3節 今後の課題

第V部 父親研究の「これから」
 第10章 未来志向の父親
  1節 父親に求められる役割の構造的変化
  2節 父親と親性
  3節 夫婦のコミュニケーション
  4節 夫婦の家事・育児分担と夫婦関係満足
  5節 父親と家族
   1.発達精神病理学的アプローチ
   2.父親の家庭関与と家族機能
   3.家族成員の精神的発達
   4.家庭関与と父親(専業主夫)の人格的発達

 第11章 新しい父親の出現
  1節 新しい夫婦関係
  2節 父親・母親のワーク・ライフ・バランスと家族
   1.ワーク・ライフ・バランス
   2.子どもとワーク・ライフ・バランス
   3.家庭生活とワーク・ライフ・バランス
  3節 ワーク・ライフ・バランスの現状
   1.ワーク・ライフ・バランスの現状
   2.職場環境とワーク・ライフ・バランス
   3.家事・育児とワーク・ライフ・バランス
   4.就学・職場復帰とワーク・ライフ・バランス
  4節 父親と地域ぐるみの子育て
  5節 父親のこれから

引用文献
人名索引
事項索引