パートナー暴力
男性による女性への暴力の発生メカニズム
もくじ

あいさつ
序文

第T部 本書の内容と男性による女性に対する暴力を説明するO'Neil-Harwayの予備多変量モデルに関する論評

第1章 男性が女性に対して暴力的である原因は何か――答えられていない,論争の的となる問題
 男性による女性に対する暴力の説明に関連した過去の論争
 男性による女性に対する暴力を説明する過去の理論の限界
 本書の執筆過程と構成
 本書の部と章

第2章 男性による女性に対する暴力の原因を説明する予備多変量モデル
 男性による女性に対する暴力を説明する予備多変量モデル:定義と仮説
 男性による女性に対する暴力を説明する予備多変量モデルの要約

第3章 男性による女性に対する暴力に関するフェミニストの見解――O'Neil-Harwayモデルへの批判
 フェミニストの貢献
 暴力:多形態の暴力の命名と共通根の確認
 O'Neil-Harwayの予備多変量モデルに関する批判
 巨視的社会の説明
 生物学関連の説明
 性役割関連の説明
 ジェンダー間の関係説明
 フェミニストのレンズをとおして見たパートナー暴力

第4章 男性犯罪者――データからの理解
 虐待者の研究に対する方法論的アプローチ
 男性虐待の関連要因
 暴力の体験と目撃
 個人特性
 権力と支配
 社会的要因
 O'Neil-Harwayモデルの13仮説に対する経験的,理論的支持の評価
 巨視的社会の要因の説明
 生物学的,神経解剖学的,ホルモン的要因の説明
 男性の制限的,性差別的性役割の社会化と性役割葛藤の特異パターン
 女性に対する暴力に関するジェンダー間の関係要因の説明
 結論


第U部 男性による女性に対する暴力を説明する生物学的,神経解剖学的,ホルモン的,進化的要因


第5章 女性に対する暴力に関する生物学的視点
 遺伝理論
 内分泌理論
 神経伝達物質理論
 脳機能不全理論
 生物学的理論の概要

第6章 男性による女性に対する暴力の進化上の起源
 進化心理学: Thornhill夫妻のレイプ適応仮説
 社会生物学的アプローチ
 非ヒト動物データの関連性
 男性による女性に対する暴力
 結論


第V部 男性による女性に対する暴力を説明する男性と女性の性役割の社会化と性役割葛藤要因


第7章 男性の性役割葛藤,防衛機制,自衛的防衛戦略――性役割の社会化の視点に立った男性による女性に対する暴力の説明
 女性に対する暴力予測因子としての男性の性役割:あいまいな概念と限定された研究
 性役割葛藤と性役割の社会化の視点から,男性による女性に対する暴力を説明する概念モデル
 社会形成体としての家父長制,性差別,性役割ステレオタイプ
 男らしさの神話と価値体系:女性に対する暴力の揺りかご
 男らしい性役割同一性:男性性・女性性の意識的・無意識的側面
 男らしい性役割同一性の素因ダイナミクス:歪んだ性役割スキーマ,女性性恐怖,去勢恐怖
 性役割葛藤:男性に防衛,ネガティブな心の健康状態,深い情動を強めさせる
 男性の防衛機制と自衛的防衛戦略の定義づけ
 自衛的防衛戦略としての支配力と権力
 自衛的防衛戦略としての制限された情動性
 自衛的防衛戦略としての同性愛嫌悪と異性愛主義
 男性による女性に対する暴力の素因ダイナミクスの要約
 男性による女性に対する暴力の誘因ダイナミクス
 男性による女性に対する暴力の誘因となる権力葛藤,権力乱用,心理的暴力
 男性による女性に対する暴力の状況的誘発事象
 男性による女性に対する暴力を誘発する防衛と自衛的防衛戦略の崩壊
 男性による女性に対する暴力を理解するための概念モデルの含意
 ノート

第8章 女性の性役割の社会化,性役割葛藤,虐待――素因の検討
 幼児期
 児童期
 青年期
 成人前期
 成人中期,成人後期
 高齢期
 要約と結論


第W部 男性による女性に対する暴力を説明する関係要因と相互作用要因


第9章 虐待に関するシステム視点――状況とパターンの重要性
 定義
 システム論に関する批判的評価
 システム視点の長所と短所
 虐待に関係する状況的要因
 虐待に関係する相互作用パターン
 システム視点から得られた将来の研究問題
 結論

第10章 女性に対する暴力のジェンダー間関係次元――共同構築的な発達的視点
 体系的認知発達理論
 SCDT仮定とジェンダー間関係仮説の結合
 暴力のジェンダー間関係次元の操作化
 理論や研究を促進させるための共同構築的枠組みの活用
 結論


第X部 女性に対する暴力に関する巨視的社会の説明,人種的・文化的説明


第11章 社会的暴力と家庭内暴力の相互作用――人種的,文化的要因
 社会的要因
 文化的要因
 社会的,文化的,個人的要因の相互作用
 レジリエンシー
 家庭内暴力と他形態の社会的暴力の比較
 要約と結論


第Y部 理論的命題,男性によるリスク要因に関する改訂多変量モデル,新仮説および予防に役立つ提言


第12章 男性による女性に対する暴力リスク要因を説明する改訂多変量モデル――理論的命題,新仮説および事前対策提言
 章執筆担当者の貢献
 男性による女性に対する暴力の男性リスク要因を説明する理論的命題
 男性による女性に対する暴力リスクを説明する一般命題
 男性による女性に対する暴力リスクを説明する改訂多変量モデル
 図12.1の多重リスク要因の定義
 図12.1に示されたリスク要因の相互作用的関係
 巨視的社会の命題と仮説
 生物学的命題と仮説
 社会化と性役割の社会化の命題,および仮説
 心理学的,心理社会的命題と仮説
 関係命題と仮説
 男性による暴力リスク要因と保護因子,両因子と暴力危険性・レジリエンスの関係
 男性による女性に対する暴力を予防するための提言
 理論とモデル開発
 男性による女性に対する暴力リスク要因に関する研究と仮説検証
 予防と教育プログラム
 主張,同盟関係,公共政策構想
 反省と男性による女性に対する暴力を説明する多変量モデルの理解についての結びのコメント

文献
事項索引
人名索引
原著者紹介
訳者あとがき