音楽アイデンティティ
 音楽心理学の新しいアプローチ
 もくじ

未踏の地への第一歩:日本語版への序
序文

第1章 音楽アイデンティティとは何か
 音楽アイデンティティと音楽心理学の展開
 社会心理学における自己とアイデンティティの
 概念
 音楽アイデンティティの概念化
 本書の流れ

第2章 音楽アイデンティティの起源:音楽的な
    社会性は乳児期から存在する
 はじめに:乳児の音楽性と社会的アイデンティ
      ティ
 初期の間主観性:音楽性を通して他者を知ること
 共感と連帯の生物学および先史
 ヒトの乳児の自己表現
 文化的学習としての仕事と遊び
 社会的リスク:居場所と自己の喪失
 結論:家族との音楽遊びから社会における音楽的
    な自己へ


音楽アイデンティティの発達

第3章 音楽アイデンティティと学校
 はじめに
 アイデンティティの発達
 施策における音楽アイデンティティ
 音楽アイデンティティの実際
 音楽アイデンティティの発達
 音楽に対する態度と音楽アイデンティティ
 考察
 おわりに:本章が示唆すること

第4章 子どもの「音楽家」アイデンティティの
    発達:家族「スクリプト」の視点から
 はじめに
 理論的背景
 家族スクリプトの検討
 おわりに

第5章 若い音楽家の自己アイデンティティ
 はじめに
 自己意識の発達
 演奏能力の発達における子どもの自己認知の役割
 ポストモダンと社会的な自己構成
 若い音楽家の自己アイデンティティ
 おわりに

第6章 ソロの演奏家のアイデンティティ
 はじめに
 パート1:演奏家アイデンティティをつくるもの
 パート2:すぐれたソロの演奏家の特徴とは
 おわりに


音楽を通したアイデンティティの発達

第7章 ジェンダー・アイデンティティと音楽
 はじめに
 ジェンダー・アイデンティティと発達に関する
 理論
 音楽実践とジェンダー・アイデンティティの
 構成
 音楽におけるジェンダー表象
 おわりに:音楽を通したアイデンティティの
      「ジェンダー化」

第8章 若者のアイデンティティと音楽
 青年期のアイデンティティ
 社会的アイデンティティ理論
 研究1:社会的カテゴリー化と音楽へのかかわり
 研究2:音楽の好みの表明における文脈の影響
 研究3:他者の音楽行動の帰属
 考察
 おわりに

第9章 国民アイデンティティと音楽
 はじめに
 国民アイデンティティ,民族アイデンティ
 ティ,文化アイデンティティ
 音楽における国民アイデンティティ
 音楽教育における国民アイデンティティ
 多文化共生の場における音楽教育
 おわりに

第10章 特別な支援を必要とする人々と
    音楽:アイデンティティ,コミュ
    ニケーション,音楽能力の発達を
    うながすもの
 はじめに
 サウンド・オブ・プログレス
 音楽ワークショップにおける相互作用と能力の
 発達
 共同注意
 個人アイデンティティの発達
 おわりに

第11章 音楽療法における障害とアイデンティ
     ティ
 はじめに
 背景
 音楽療法と障害
 病院における音楽
 音楽療法の治療過程
 音楽療法の研究
 慢性神経症への音楽療法の効果についての
 調査研究
 ジェシーの事例
 考察