臨床描画研究26
 描画は中間表現型になりうるか
 もくじ

〔特集〕中間表現型としての描画
特集にあたって
臨床描画は遺伝学でいう中間表現型(endophenotype)に
なりうるか
アスペルガー障碍における創造的営為
思春期問題少年の研究と治療
 ――精神療法を中心として
精神病における特異性と非特異性
 ――描画は何を反映しているのか
モルヒネとしてのアート
特集のまとめ
司会の立場から

■特別講演
実存療法における非言語の諸側面

■特別寄稿
解決志向セラピー(Solution FocusedTherapy)と描画
TF-CBT(トラウマ焦点化認知行動療法)グループ療法に
おけるアートワークの試み

■研究論文
中学生における自尊心の質と適応に関する一研究
 ――質問紙法と樹木画テストとの比較検討から
表現補助としてのコラージュの試み
 ――デイケアで社会復帰につながった1事例を通して
樹木画法における根の解釈仮説の検討
 ――自我機能と攻撃性との関連
樹木画テストに投影される社会的スキル
 ――青年後期を対象として
小児心身症におけるCGコラージュ療法の有用性
 ―─昼間遺尿症の症例を通して
資料 統合型HTP法に関する基礎的研究
 ――描画順について