新 保育ライブラリ 保育課程論
もくじ

編集委員のことば
はじめに
第1章 カリキュラムの基礎理論
 1節 カリキュラムという問い
 2節 カリキュラムの枠組み
 3節 カリキュラムの実際
第2章 保育カリキュラムの構造
 1節 保育所保育指針と幼稚園教育要領
 2節 保育課程の定義と位置づけ
 3節 指導計画の定義と位置づけ
第3章 保育課程の基礎
 1節 保育課程の展開
 2節 保育課程の編成
 3節 保育課程の具体例
第4章 指導計画の基礎
 1節 長期指導計画の作成と留意事項
 2節 短期指導計画の作成と留意事項
 3節 長期・短期の指導計画の具体例
第5章 保育の計画の方法と技術
 1節 記録の方法と技術
 2節 遊びと発達過程の理解に基づく保育の
    計画の方法と技術
 3節 環境を通じた保育の計画の方法と技術
第6章 保育評価の基礎理論
 1節 保育の内容および実践の評価と保育の
    質の向上
 2節 保育のマネジメント・サイクル
第7章 保育評価の具体例1 要録
 1節 要録とは何か―要録の目的
 2節 保育所児童保育要録(保育要録)
 3節 幼稚園幼児指導要録
 4節 要録作成の留意事項
第8章 保育評価の具体例2 保育の自己評価
 1節 保育における自己評価とは何か
 2節 保育者の自己評価
 3節 保育施設の自己評価
第9章 多様な保育の計画と保育評価
 1節 縦割り保育の計画と保育評価
 2節 長時間保育の計画と評価
 3節 障害のある子の保育の計画と評価
 4節 小学校との連携計画とその評価
 5節 家庭との連携計画とその評価
 6節 食育計画とその評価
 7節 保育所以外の児童福祉施設の計画と評価
第10章 これからの保育課程と指導計画
     ―保育の専門職化をめざして
 1節 保育専門職の独自性
 2節 保育内容の充実と質の向上を図る計画と
    評価
Column
 1 カリキュラム・マネジメント
 2 保育カリキュラムに隙間を
 3 【臨床美術】と保育
 4 「学びのカード」とは
 5 保育記録の発想転換
 6 ナレッジ・マネジメント
 7 「エピソード記録」をふり返りや要録に
  生かす
 8 保育所・幼稚園での自己評価をめぐる近年の
  動き
 9 10視点カリキュラム
 10 プラグマティズムと保育実践

引用(参考)文献
索引