学習意欲をデザインする
 ARCSモデルによるインストラク
 ショナルデザイン もくじ

第1章 学習意欲を研究するということ
 本題に入る前に……
 はじめに
 意欲とは何か?
 ARCS-Vモデル:伝統的なARCSモデルの拡張
  動機づけ研究の概念的課題
  情意的・認知的領域
  特性と状態
 内発的・外発的動機づけ
 要約

第2章 学習意欲のデザインとは何か?
 本題に入る前に……
 はじめに
 デザインの特徴
 学習意欲のデザインモデル
  人間中心モデル
  環境中心モデル
  相互作用中心モデル
  オムニバスモデル
 プロセスとモデル:全体的・システム的アプ
 ローチの利点
 動機づけに関するデザインの挑戦
  動機づけ問題の定義と独立化
  変化させるのは個人か環境かを決定する
 学習意欲のデザインの限界
 要約

第3章 学習意欲をデザインするARCSモデル
 本題に入る前に……
 はじめに
 ARCSモデルの分類枠
  研究からのサポート
 下位分類とおもな支援方略
  注意を喚起する方略
  関連性づくりの方略
  自信を形づくる方略
  達成感を生じさせる方略
  分類枠間の関係
 学習意欲のデザインのシステム的プロセス
  学習意欲のデザイン
 学習意欲のデザインとIDの統合
  ARCSとISD:項目ごとの比較
  プロセスの適用
 要約

第4章 注意を生み出し維持する作戦
 本題に入る前に……
 はじめに
 注意に関する心理学的基盤
  覚醒理論と古典的概念
  好奇心
  退屈
  刺激追求
 注意と好奇心への方略
  A.1.興味の獲得(知覚的喚起)
  A.2.探求心の刺激(喚起)
  A.3.注意の持続(変化性)
 要約

第5章 関連性を確立し支援する作戦
 本題に入る前に……
 はじめに
 関連性が意味するものは何だろうか?
 関連性についての心理学的基礎
  目的の選択
  動機
  将来指向性と将来時間
  興味
  内発的動機づけ
  フロー
  次のステップへ
 関連性の方略
  R.1.ゴールと関係づけること(目的指向性)
  R.2.興味(動機)との一致
  R.3.経験とのつながり(親しみやすさ)
 要約

第6章 自信を構築する作戦
 本題に入る前に……
 はじめに
 自信に関する心理学的基礎
  統制の所在
  指し手・コマ理論
  自己効力感
  自己効力感の効果
  原因帰属理論
  自己成就予言
  教師(管理者)の自己効力感
  学習性無力感
  学習性楽観主義
  能力についての信念
  ゴール指向性
  次のステップへ
 自信を持たせるための方略
  C.1.成功への期待感(学習要求)
  C.2.成功の機会
  C.3.個人の責任(個人的なコントロール)
 要約

第7章 満足感をもたらす作戦
 本題に入る前に……
 はじめに
 満足感の心理学的基盤
  強化と条件づけ
  外発的強化と内発的動機づけの関係
  認知的評価と満足感
  次のステップへ
 満足感の感情を促進する方略
  S.1.内発的満足感(内発的な強化)
  S.2.報酬のある成果(外発的な報酬)
  S.3.公平な待遇(公平感)
 要約

第8章 学習意欲の問題を見つける
 本題に入る前に……
 はじめに:デザインプロセスに取りかかる
 ステップ1:科目の情報を得る
  概要
  ワークシート1のつくり方:科目の情報を得る
  ワークシート例
  次のステップへ
 ステップ2:学習者の情報を得る
  概要
  ワークシート2のつくり方:学習者の情報を
  得る
  ワークシート例
  次のステップへ
 ステップ3:学習者を分析する
  概要
  ワークシート3のつくり方:学習者分析
  ワークシート例
  次のステップへ
 ステップ4:既存の教材を分析する
  概要
  ワークシート4のつくり方:既存の教材を
  分析する
  ワークシート例
 要約

第9章 動機づけの目的と方策を練る
 本題に入る前に……
 はじめに
 ステップ5:目標と評価を列挙する
  概要
  ワークシート5のつくり方:目標と評価方法
  を書く
  ワークシート例
  まとめ
 ステップ6:可能性のある方策を列挙する
  概要
  ワークシート6のつくり方:可能性のある方策
  を列挙する
  ワークシート例
  次のステップへ
 ステップ7:方策を選んでデザインする
  概要
  ワークシート7のつくり方:方策を選択して
  デザインする
  ワークシート例
 要約

第10章 学習支援設計に組み入れる
 本題に入る前に……
 はじめに
 ステップ8:インストラクショナルデザインに
 統合する
  概要
  ワークシート8のつくり方:指導案の詳細
  ワークシート例
 ステップ9:教材の選択と開発
  概要
  ワークシート9のつくり方:教材の選択と開発
  次のステップへ
 ステップ10:評価と改善
  概要
  ワークシート10のつくり方:評価と改善
 要約

第11章 学習意欲のデザイン支援ツール
 本題に入る前に……
 はじめに
 学習意欲の設計マトリックス:簡略化されたアプ
 ローチ
  はじめに
  学習意欲適応型教材への応用
  遠隔学習への応用
 動機づけアイディアのワークシート
  はじめに
  利用方法
 ARCSモデルに基づく学習意欲の測定
  はじめに
  開発プロセス
  科目の興味度調査
  教材の学習意欲調査
  CISとIMMSの現状
 動機づけ方策チェックリスト
  はじめに
  利用方法
 動機づけ実施チェックリスト
  はじめに
  利用方法
 要約

第12章 学習意欲のデザインに関する研究と開発
 本題に入る前に……
 はじめに
 動機づけメッセージ
 インストラクターに支援された学習環境
  インストラクター支援のオンライン学習環境
 自己主導的な学習環境
  学習意欲適応型のコンピュータ教材
  教育エージェント
  (エージェント支援型コンピュータ教材)
  再利用可能な動機づけオブジェクト
 学習意欲のデザインジョブエイドとマニュアル
 要約