エッセンス学校教育相談心理学
もくじ

はじめに

第1部 教育相談とは何か

第1章 教育相談とは
 1 教育相談とは
 2 生活指導と教育相談の目標と課題
 3 学校における教育相談の基本姿勢
 4 教育相談の歴史
 5 生徒指導と教育相談との関係
 6 生徒指導と教育相談との統合
 7 おわりに
  Column@ キャリア教育

第2章 来談者中心カウンセリングとカウン
    セリング・マインド
 1 来談者中心カウンセリングとは
 2 パーソナリティ変化の必要にして十分な
   条件
 3 カウンセリング・マインドとは
 4 カウンセリング・マインドの具体的説明
 5 おわりに
  ColumnA カウンセリングと心理療法

第3章 開発的カウンセリング
 1 開発的カウンセリングとは
 2 構成的グループ・エンカウンター
 3 アサーション・トレーニング
 4 ソーシャル・スキル・トレーニング
 5 偏愛マップ

第4章 教育相談に役立つさまざまな心理療法
 1 精神分析
 2 ユングのタイプ論
 3 交流分析
 4 行動療法
 5 自律訓練法
 6 論理行動療法(論理療法)
 7 認知行動療法(認知療法)
 8 家族療法
 9 ブリーフ・セラピー
   (ブリーフ・カウンセリング)
 10 箱庭療法

第2部 教育相談の理論

第5章 パーソナリティ
 1 パーソナリティという概念
 2 心理学におけるパーソナリティ理論の歴史
    ―類型論と特性論
 3 近年のパーソナリティ研究の動向
  ColumnB 学校のなかの人権

第6章 発達と教育相談
 1 発達とは
 2 発達をもたらすもの
 3 発達段階
  ColumnC 青年期の面接

第7章 発達障害と教育相談
 1 発達障害とは
 2 特別支援教育
 3 発達障害に関する教育相談の要点
 4 いろいろな発達障害
 5 おわりに

第8章 心の問題の種類と教育相談
 1 精神疾患の状態像診断
 2 心の問題の種類
 3 児童生徒の心の問題への対応
  ColumnD 児童虐待

第9章 心理テストとその利用
 1 心理テストについて
 2 知能テスト
 3 質問紙法
 4 投影法
 5 作業検査法
 6 Q−U
 7 おわりに

第10章 教育相談と事例研究
 1 事例研究の意義
 2 さまざまな事例研究法
 3 一般的な事例研究の資料作成上の留意点
 4 事例の見方のヒント
 5 おわりに

第3部 教育相談の実際

第11章 不登校と教育相談
 1 不登校についての理解
 2 不登校生徒への対応
 3 不登校の経過によるかかわりと支援
 4 他の支援と連携した学校環境づくり
 5 小1プロブレムと中1ギャップ
 6 おわりに
  ColumnE 発達の連続線上にある一連の問題

第12章 非行と教育相談
 1 非行とは
 2 少年非行の動向
 3 非行原因論
 4 家庭と非行
 5 中退と非行
 6 交友関係と非行
 7 非行の把握法
 8 非行専門家の視点
 9 非行の面接法
 10 非行面接の留意点
  ColumnF 少年事件の取り扱い

第13章 学級崩壊と教育相談
 1 学級崩壊の定義と実態
 2 学級崩壊の背景
 3 学級崩壊を起こさないための対策
 4 事例に即した学級崩壊の対応策
 5 おわりに

第14章 いじめと教育相談
 1 いじめについて
 2 いじめの予防
 3 いじめの教育相談
 4 保護者との教育相談
 5 周囲の子どもへの教育相談

第15章 保護者に対する支援
 1 はじめに
 2 保護者の実態
 3 家庭支援のさまざまな形態
 4 保護者面接の留意点
 5 困った保護者への対応
 6 保護者への援助システムの構築
 7 おわりに
  ColumnG DVについて

第16章 学校における教育相談の実際
 1 教師の行う相談活動とは
 2 学級担任による教育相談
 3 教師カウンセリングの限界
 4 保健室と教育相談
 5 校内での連携・協働

第17章 関係機関との連携・協働
 1 学校が連携する諸機関
 2 スクールカウンセラーとの連携・協働
 3 コンサルテーションからコラボレーションへ
 4 家庭・地域社会・学校の連携
 5 連携・協働のキーマンとしての教育相談係

第18章 教師のメンタルヘルス
 1 教師という仕事
 2 バーンアウト(燃え尽き)症候群の問題
 3 教師とストレス
 4 教師自身が考えるメンタルヘルス
 5 学校におけるメンタルヘルス
 6 おわりに


引用参考文献
索引