授業デザインの最前線U
 理論と実践を創造する
 知のプロセス もくじ

 序
第T部 授業をデザインする視点
 1章 教授理論と授業
  1節 認知的文脈における学習を促進する教授法
  2節 社会的文脈における学習を支援する教授法
  3節 認知的文脈/社会的文脈を統合した学習を
     足場作りする教授法
  ■教育実践者に向けたメッセージ
 2章 学習環境と授業
  1節 学習環境を構想するための視座
2節 学習環境をデザインするための7つの視点
  3節 学習環境をデザインする教師
  ■教育実践者に向けたメッセージ
第U部 授業のやる気を高める視点
 3章 動機づけと授業
  1節 授業における動機づけのはたらき
  2節 動機づけ理論を生かす実践
  3節 動機づけを支え,高める教室環境に向けて
  ■教育実践者に向けたメッセージ
 4章 メタ認知と授業
  1節 「教える」という営みに対する教師の
     メタ認知(メタ教授)
  2節 対話を中心とした授業でのメタ教授を
     いかにはぐくむか
  3節 対話を中心にした授業のなかで生徒に
     育つメタ認知
  ■教育実践者に向けたメッセージ
 5章 学習方略・学習観と授業
  1節 さまざまな学習方略
  2節 学習観と学習行動
  3節 学習方略・学習観を育てる授業
  ■教育実践者に向けたメッセージ
第V部 授業の理解をうながす視点
 6章 概念学習と授業
  1節 授業のなかの概念学習
  2節 概念転移をうながす教授法
  3節 教室と社会をつなぐ概念の学習
  ■教育実践者に向けたメッセージ
 7章 教材学習と授業
  1節 つまずきを解消させる教材化
  2節 学習者の自立支援の重要性
  3節 学習方略を支援する教材表現
  ■教育実践者に向けたメッセージ
 8章 ATIと授業
  1節 ATI:学習者の個人差と教授方法との
     間の統計学的交互作用
  2節 ATIパラダイムに基づく研究例
  3節 ATIの研究方法上の効用,教育実践的
     意義,および汎用性
  ■教育実践者に向けたメッセージ
第W部 授業を創り上げる視点
 9章 協調学習と授業
  1節 協調学習の有効性
  2節 協調的理解深化のメカニズム
  3節 協調学習のモデル
  ■教育実践者に向けたメッセージ
 10章 議論活動と授業
  1節 議論活動の目的
  2節 議論活動環境デザイン
  3節 議論力の習得過程
  4節 議論活動の評価
  5節 議論活動中の教師の役割
  ■教育実践者に向けたメッセージ
第X部 授業をとらえる視点
 11章 授業分析と授業
  1節 授業分析とは
  2節 授業分析から教室談話分析へ
  3節 教室談話分析から授業コンサルテーションへ
  ■教育実践者に向けたメッセージ
 12章 教育評価と授業
  1節 教育評価の目的と方法
  2節 教育評価と教育心理学
  3節 教育評価と授業
  ■教育実践者に向けたメッセージ
第Y部 授業を支える視点
 13章 学級文化と授業
  1節 授業におけるやりとりとグラウンド・ルール
  2節 学び合う授業を支えるグラウンド・ルール
  3節 授業におけるグラウンド・ルールの共有過程
  ■教育実践者に向けたメッセージ
 14章 カウンセリングと授業
  1節 カウンセリングのとらえ方と授業
  2節 カウンセリングの考え方を取り入れた
     授業デザイン
  3節 カウンセリングの考え方を取り入れた
     授業デザインの構築
  ■教育実践者に向けたメッセージ
 15章 発達障害支援と授業
  1節 心理機能としての計数や数唱の発達と
     発達障害児への介入
  2節 脳科学と発達障害
  3節 脳科学をベースにした発達障害児への介入
  ■教育実践者に向けたメッセージ

 資料
  国語科学習指導案
  社会科学習指導案
  数学科学習指導案
  理科学習指導案
  英語科学習指導案