リニューアル 総合的な学習の時間 
 もくじ

序章 総合的な学習の時間で育てる力
 1節 総合的な学習の時間の改善と育てる力
 2節 総合的な学習の「目標」と育てる力
  1.問題解決の資質や能力を育てる
  2.学び方やものの考え方を身に付ける
  3.主体的,創造的,協同的に取り組む態度を育てる
  4.自己の生き方を考える
 3節 総合的な学習の「指導計画の作成と内容の取扱い」
    と育てる力
 4節 総合的な学習の実践と育っている力
  1.自分づくり(自己形成)の力
   (1)単元「結ぼう―心と心」の授業
   (2)授業のおわり
  2.子どもの中で育っていく力
  3.よりよく問題を解決する力
  
1章 新学習指導要領における改訂のポイント
 1節 学習指導要領改訂の趣旨
 2節 総合的な学習の時間の創設と改訂の経緯
  1.創設の経緯
  2.一部改正の趣旨
  3.このたびの改訂の趣旨
   (1)改善の基本方針
   (2)改善の具体的事項
 3節 総合的な学習の時間の改訂のポイント
  1.趣旨および性格の明確化
  2.探究的な学習としての充実
  3.教育課程上の位置付けの明確化
  4.学校段階間の連携
  5.体験活動と言語活動の充実
 4節 総合的な学習の時間の改訂の具体像
  1.総合的な学習の時間の目標
  2.各学校において定める目標と内容
 5節 自校のカリキュラムの作成
  1.全体計画の作成
  2.その他配慮すべき事項
 6節 探究的な学習が行われる授業
 7節 総合的な学習の時間が育成する国際標準の学力

2章 総合的な学習の時間をリニューアルする
 1節 “充実”を期待する「章立て」措置
 2節 総合的な学習の時間の存続意義と役割
 3節 体験活動を充実させる視点
 4節 探究を支える言語活動
 5節 要件として加わった探究的な学習
 6節 探究の質を高める協同的な学び
 7節 趣旨の貫徹

3章 総合的な学習の時間の指導計画作成の工夫
 1節 はじめに
 2節 全体計画および年間指導計画の作成のポイント
  1.全体計画の作成
  2.年間指導計画の作成
  3.単元指導計画の作成
 3節 指導計画作成の実際
  1.全体計画の作成の実際
   (1)全体計画作成の基本的立場
   (2)「つけたい力」
   (3)「つけたい力」の構造化・系統化
   (4)「内容」の設定の仕方
  2.年間指導計画
   (1)具体的な指導を見通した教科との関連の明確化
   (2)年間指導計画作成の実際
  3.単元計画
  
4章 総合的な学習の時間における学習の成立
 1節 学習の質を高める教師の指導力
  1.総合で教師に求められる構想力
   (1)実態を見取り,育成したい力を的確に設定する
    こと
   (2)課題を設定すること
   (3)適切な教材を見つけること
   (4)単元を構想していくこと
  2.子どもの内に問いや葛藤を生み出し授業を展開
    する力
   (1)子どもを見取り,生かすこと
   (2)授業展開を工夫すること
   (3)子どもを立ち止まらせ,葛藤を生む問いかけを
    すること
   (4)学習への必要感を生み,自分ごとにすること
  3.学ぶ姿勢を育む学級経営力
   (1)子どもを開く学級の雰囲気づくり
   (2)協同の学びを生む話し合いが成立する学級
 2節 体験活動から学びを創る―起業体験を通して人生を
    切り開く力を身に付ける会社起こしの実践
  1.活動の概要
  2.なぜ,「会社を起こそう」なのか
   (1)総合的学習の充実
   (2)キャリア教育の視点からの充実
  3.身に付けさせたい力と評価の方法
  4.具体的な手立て
   (1)価値観がぶつかり合う場を設定する
   (2)外部人材の積極的な活用を行う
   (3)教科との関連を図る
  5.指導計画
  6.起業体験活動における生徒の学びのようす
   (1)ステージT:起業の基礎・基本を学ぼう!
   (2)ステージU:よりよい起業とは?
   (3)ステージV:いよいよ会社を立ちあげよう!
   (4)ステージW:営業を行い利益を上げよう!
  7.まとめ
   (1)「生徒の振り返り文」より:この活動を通して
     学んだこと
   (2)「事前,事後の意識調査」から
   (3)教科との関連
 3節 学習を深める評価の工夫改善
  1.総合的な学習で身に付く方法知と内容知の評価
   (1)方法知(学び方)の評価
   (2)学習内容に関する考え方・知識・理解(内容知)
    の評価(実践例より)
  2.学習のまとまりごとの評価

5章 総合を支える校内組織の改善と校内研修の進め方
 1節 小学校における校内組織の改善と校内研修の進め方
  1.校内組織の改善
   (1)総合的な学習の視点から学年を組織
   (2)教科横断型の研究組織
   (3)校種縦断型の研究組織
  2.校内研修の進め方
   (1)カリキュラム研修
   (2)単元構想の研修
   (3)授業にかかわる研修
   (4)評価の研修
   (5)学校間・学校段階間連携の研修
   (6)地域力活用のための場の設定
 2節 中学校における校内組織の改善と校内研修の進め方
  1.校内組織の工夫と改善
   (1)教育課程を編成する組織
   (2)総合的な学習の時間の内容(領域)に関する研修
    組織
   (3)総合的な学習の時間の指導に関する研修組織
  2.指導計画作成のための研修の進め方
   (1)ねらいや育てたい力を明確化するための全体研修
   (2)単元を構成するための研修
   (3)授業を構成するための研修
  3.指導方法改善のための研修の進め方
   (1)授業研究会における研修
   (2)体験型・ワークショップ型の研修
   (3)成果と課題を把握する評価の研修
  
6章 海外の総合的学習の動向
 1節 アメリカにおけるサービス・ラーニング
  1.コミュニティ・サービスからサービス・ラー
    ニングへ
  2.サービス・ラーニングの目的と意義
  3.サービス・ラーニングの実践例
 2節 イギリス
  1.総合的な学習で求められる教師の能力
  2.イギリスのトピック学習
  3.教育改革とトピック学習
  4.学校のカリキュラム開発と学習スキーム
  5.トピック学習の存続
 3節 ドイツ
  1.スタンダード化した教育課程の基準
  2.教科横断的授業の要としての「事実教授」
  3.各教科の枠を超えて育成するコンピテンシー
  4.コンピテンシー・ファクター
  5.事実教授のスタンダード
  6.おわりに
 4節 フランス
  1.はじめに
  2.中学校:発見の過程(IDD)
  3.高校:指導付個人学習(TPE)
  4.問題点と課題
 5節 フィンランド
  1.はじめに
  2.フィンランドにおける「総合的な学習」
  3.教科横断的テーマ導入の目的と背景
  4.カリキュラムの内容
  5.教科横断的テーマの内容
  6.おわりに
 6節 韓国
  1.教育課程(学習指導要領)における位置づけ
   (1)第7次教育課程における裁量活動
   (2)2007年改訂教育課程での位置づけ
  2.公立中学校の実践にみる裁量活動の特徴:大田市立
    ドゥリ中学校の学校教育課程運営計画から

  資 料
  引用・参考文献
  索 引