犯罪の生物学
 遺伝・進化・環境・倫理 もくじ

序文
著者の覚書


第1章 生物学と犯罪の序論
 犯罪原因の異質性
 犯罪に関する2つの生物学的視座
 生物学的分析のレベル
 環境的要因

第2章 犯罪性向の遺伝
 一卵性双生児と犯罪
 遺伝率係数の解釈の仕方
 行動特徴に対する遺伝の影響を推測する
 行動遺伝研究デザインにおける遺伝の影響と
 環境の影響の推定
 Mednickによる犯罪に関する養子研究
 発達的視点
 精神障害と犯罪性
 結論

第3章 犯罪を進化から見る
 人間行動と進化に関するものの見方
 雌雄淘汰と犯罪における性差
 生活史,性的選択,年齢−犯罪曲線
 血縁淘汰と犯罪
 個人差と進化
 進化の視座:結論

第4章 体は語る? 生物学的特徴と犯罪性向
 犯罪性向の生理学的根拠の知見
 犯罪の生物学的検査についての結論

第5章 犯罪遺伝子? 分子遺伝学と犯罪性向
 分子遺伝学への導入
 遺伝子と行動特性の決定
 行動特性に関する遺伝子の発見方法
 犯罪性向に関係する特定遺伝子
 結論:遺伝子から犯罪性向へ

第6章 遺伝学の知見に照らして環境的影響を
    考える
 社会階級と犯罪
 友人グループ,ギャング,犯罪
 遺伝子型と環境の交互作用
 犯罪率の歴史的変化
 結論

第7章 将来のために:刑事司法政策と
    倫理的懸念に対する意味
 医療モデル 対 刑事司法モデル
 将来の特徴を予測するための生物学的マー
 カーの利用
 優生学の名において
 刑事司法システムは,なぜ科学に基づいて
 いないのか
 結論

Column2.1 子どもがもっとも攻撃的なのは
       いつか
Column2.2 精神病と無差別殺人者
Column3.1 男性の攻撃性は,世代を経てどれ
       だけ強くなるか
Column5.1 遺伝子からたんぱく質へ
Column5.2 法医学的分析(Forensic Analysis)
Column5.3 伝達不平衡テスト

人名索引
事項索引
訳者あとがき