狭山事件 虚偽自白[新版]
 もくじ

新版のための序

プロローグ 虚偽の証明のために
 1 善枝さん事件と狭山事件
 2 自白の魔力
 3 虚偽の証明
 4 推理の作業
 5 確定判決の誤り
    ――ほんの小さな一例から

第1部 証拠と供述――分析のための素材
 供述とはなにか
第1章 証拠収集の流れ――事件から起訴まで
 1 善枝さん殺し事件の証拠
 2 石川さんに容疑が絞られていく経緯
 3 逮捕後に見出された証拠・情報
 4 自白によって見出されたとされる証拠
第2章 供述変遷の流れ――否認から自白まで
 1 否認期(T)――五月二三日〜六月二〇日
 2 三人犯行自白期(U)――六月二〇日〜二二日
 3 単独犯行自白期(V)――六月二三日〜七月八日

第2部 供述分析その一[大変遷分析]
     ――真実の暴露か,虚偽への転落か
第1章 供述変遷分析の方法
 1 あらたな供述分析法を求めて
 2 嘘の理論――変遷分析の前提として
 3 供述における嘘の分析――嘘の指標を求めて
第2章 虚偽への転落の痕
 1 否認期の供述分析
 2 三人犯行自白期の供述分析
 3 単独犯行自白期の供述分析
 4 無実を証明する供述変遷過程

第3部 供述分析その二[小変遷分析]
     ――体験の供述か,論理的構成か
第1章 逆行的構成の検出
 1 体験の記憶と論理的構成
 2 甲山事件の一例から
第2章 五つの場面にみる構成の痕
 分析その1 脅迫状の作成とその動機
 1 脅迫状作成
 2 脅迫状作成の動機――金銭的動機の中身
 分析その2 見知らぬ女子高生の誘拐
 1 幾重もの賭
 2 被害者から家の所在,親の名前を聞いたこと
 3 中田家の所在を近所で聞いたこと
 分析その3 強姦と死体
        ――手拭,タオル,ズロース
 1 手拭で両手を後ろ手に縛ったこと
 2 強姦の仕方
    ――タオルの使い方とズロースの下げ方
 3 供述が客観的状況と一致するわけ
 分析その4 死体の逆さ吊り
        ――芋穴とビニール風呂敷
 1 ビニール風呂敷
 2 死体の逆さ吊り
 分析その5 鞄の処分――鞄,教科書,ゴム紐
 1 鞄の捨て場所の供述は「秘密の暴露」でありえたか
 2 徐々に客観的証拠に近づいていく供述
 逆行的構成にみる虚偽の痕跡

エピローグ 裁く者と裁かれる者
 1 寺尾判決の論理
 2 両刃の人間性同一論
 3 裁く者と裁かれる者

あとがき

対談 冤罪の構造を考える