質的データの取り扱い
もくじ

 イントロダクション
  出発点
  本書の形式について

第1部 準備
 第1章 プロジェクトのセットアップ
  目的,目標と研究成果
  プロジェクトをデザインする
  デザインのログを取る
  調査フィールドへ入ること
  採用している考えを宣言すること
  ソフトウェアの使い方を学ぶ
  To Do
  もっと詳しく学びたい人のための文献リスト

 第2章 質的データ
  データを理解する
  データをつくる方法
  目的をもってデータを作る
  プロジェクト(とあなた自身)についての
  データ
  To Do
  もっと詳しく学びたい人のための文献リスト

 第3章 データ記録
  記録はどのようなものになるか?
  データ記録はどれくらいの大きさになるべき
  か?
  記録はどのように保管すべきか?
  どんな情報が記録とともに蓄積されるか?
  分析はいつ開始できるか?
  To Do
  もっと詳しく学びたい人のための文献リスト

第2部 データを使っての作業

 第4章 データからわかってくること
  データに出会う
  あなたのアイディアはどこに行くのか?
  あなたの発見を扱う
  描くこと――モデルの早期使用
  デザインを見直す
  記録を見直してレビューする
  それを書くこと
  カテゴリーにいたる
  To Do
  もっと詳しく学びたい人のための文献リスト

 第5章 コーディング
  質的コーディングと量的コーディング
  コーディングで何が行なえるか?
  質的なプロジェクトにおけるコーディングの
  方法
  コーディングされたデータを閲覧する
  質的研究においてコーディングを行なう人の
  信頼性
  コーディング罠を避ける
  個人のデータ処理スタイルを確立する
  コーディングについて書く
  To Do
  もっと詳しく学びたい人のための文献リスト

 第6章 アイディアの扱い
  系統立てと創造性
  カテゴリーのカタログ
  To Do
  もっと詳しく学びたい人のための文献リスト
     
第3部 データへの意味づけ
 第7章 何をめざすのか
  あなたは何を探し求めているか?
  何を成し遂げることができるか?
  何が,満足できるものなのか?
  それは,どのような形になるかもしれない
  か? 考えられる研究成果
  そこにたどり着いたと,どのようにして気づく
  のだろうか?
  十分によいかどうかは,どのようにしてわかる
  か?
  To Do
  もっと詳しく学びたい人のための文献リスト

 第8章 データの検索
  前進すること
  データ−理論プロセス
  検索コーディング
  テキストを探すこと
  検索に基づいて作業を進める
  検索を報告すること
  To Do
  もっと詳しく学びたい人のための文献リスト

 第9章 全体を見る
  そこに何があるのかを見ること
   ――そして,そこに何がないのかを見ること
  見る方法
  「見ること」の説明と妥当化
  To Do
  もっと詳しく学びたい人のための文献リスト

 第10章 研究成果を語る
  あなたが書いたことから始める
  自ら書き出さなければ何をするのか?
  質的な報告書を計画すること
  妥当性と信頼性についてはどうか?
  あなたのデータを使うこと
  うまくいかない報告
  研究の締めくくり
  To Do
  もっと詳しく学びたい人のための文献リスト