科学と社会的不平等
 フェミニズム,ポストコロニア
 リズムからの科学批判 もくじ

 日本語版への序文
  はじめに
  謝辞
 
 序章 科学と不平等――論争を呼ぶ問題
    論争となっている問題
    専門用語についての挑戦
 
 
 第1部 科学的研究の社会
 
 1章 人種と科学について考える
    科学は人種差別主義なのか
    人種差別的な科学実践の擁護
    科学の世界――人種、文化、帝国
    結論――人種差別への抵抗が担うラディ
        カルな役割
 
 2章 他人が我々を見ているように、自分自身
    を見つめる
    ――ポストコロニアル科学論
    「妖精ジニーが我々に与えてくれる贈り
     物は……」
    自然科学は多文化的なものなのか
    近代科学は他にもあるのか
 
 3章 両目を開けて――科学の世界
    1つの地球、多くの科学?
    南側諸国を出発点とするプロジェクト
    北側を出発点とするプロジェクト
 
 4章 北側のフェミニスト科学論
     ――新たな挑戦と機会
    北側におけるフェミニスト科学技術論
 
 5章 差別的な科学認識論と科学哲学
    スタンドポイント研究
     ――その方法論的性質
    科学実践はどのようにして文化化された
    自然をつくり出すのか
    事物がいかに科学を悩ませるか
     ――行為遂行的な科学実践
    実践に焦点を当てたフェミニスト科学哲
    学の重要性
 
 6章 啓蒙思想の周縁に位置するフェミニスト
    科学技術論
    フェミニズムと南側のポストコロニアル
    科学技術論
    GESDにおけるフェミニスト固有の
    テーマ
    結論
 
 
 第2部 真理、相対主義、そして、科学の政治的
     無意識
 
 7章 西洋科学の政治的無意識
    外在的対内在的な民主主義の問題
    科学にとっての民主的な理想
    科学の統合というテーマ――1つの世界、
    1つの真理、1つの科学?
    統合という理想のコスト
    反民主的理想と民主的理想
    近代西洋科学の政治的無意識を再考する
 
 8章 科学において真理の主張は意味をなさない
    のか
    初期の懐疑的立場――クワイン、デュエム、
    ポパー、クーン、ファイヤアーベント
    最近の分析
    なぜすべての科学が「民族科学」でなければ
    ならないのか
    知者はひとり?
    意味をなさない真理の理想
 
 9章 相対主義の脅威はパニックに値するのか
    単一の基準に対する挑戦への3つの反応
    誤った2つの仮定
    近代主義者の夢を過去のものにする
     ――ポスト実証主義のアプローチの1つ
    絶対主義と相対主義を捨てる
 
 訳者あとがき
 
 注
 文献
 索引