新 保育ライブラリ
 保育内容 環境  もくじ

編集委員のことば
はじめに
第1章 保育内容「環境」の意義
 1節 保育の基本と保育内容「環境」
 2節 身近な環境と子どもの育ち
 3節 環境デザインと保育者の役割
第2章 保育内容「環境」と幼児理解
 1節 好奇心・探究心
 2節 人的・物的環境の認識
 3節 時間・空間の認識
 4節 数量・図形・文字・標識の認識
第3章 好奇心・探究心を育てる指導
 1節 好奇心・探究心の保育的特性
 2節 好奇心・探究心を育てる
第4章 思考力の芽生えをはぐくむ指導
 1節 思考力の芽生え
 2節 思考の広がりや深まり
第5章 人的環境としての友だち,保育者
 1節 人的環境の保育的な特性
 2節 友だちや保育者とのかかわり
第6章 物的環境としての園具・遊具・素材
 1節 乳幼児の生活と園具・遊具・素材の
    環境デザインの基本
 2節 園具・遊具・素材の特性と配慮事項
第7章 自然環境としての動植物
 1節 身近な自然環境とのかかわりから感じ
    育つもの
 2節 全身で自然を感じとる力を育てる
第8章 日常生活のなかでの興味や関心
 1節 物事の法則性に気づく場面
 2節 数量・図形・文字・標識への興味・
    関心をもつ場面
 3節 園外場面
 4節 日常生活における暮らし方を考える場面
 5節 情報・文化とかかわる場面
第9章 地域・行事とのかかわり
 1節 地域・行事にかかわる保育的意義
 2節 地域・行事にかかわる力を育てる
第10章 「環境」からみた道徳性の芽生えを培う
    指導
 1節 保育環境がもたらす乳幼児期の道徳性の
    芽生え
 2節 道徳性の芽生えを培う
第11章 乳幼児期の安全環境
 1節 安全能力の形成と保育の基本
 2節 実践事例からみた安全環境
第12章 保育内容「環境」からみた実践的課題
 1節 直接的・具体的生活体験の重視
 2節 知的発達をうながす体験の重視
 3節 子どもの好奇心・探究心を育てる
Column
 1 「名もないあそび」から気づかされること
 2 幼児理解の落とし穴
 3 宝物のカブトムシ
 4 幼児教育と小学校教育との接続
 5 社会的スキル指導
 6 時のなかで生きる子どもと生かされる子ども
 7 ビオトープ
 8 風のなかで遊んだ子どものころ
 9 子どもは「社会の宝」
 10 溺愛は非行の原因?
 11 同じ状況のなかのわずかなちがい
 12 再考「身近な環境」
    ―保育内容「環境」の原点を見つめる
付録 幼稚園教育要領の改訂の趣旨と要点
    ―領域「環境」改訂のポイントを中心に
引用(参考)文献
索引