愛着と愛着障害 もくじ

第1章 はじめに

第1部:愛着と養育

第2章 愛着とは何か
 進化論的視点
 愛着行動システム
 愛着行動の活性化と停止
 愛着の発達
 愛着表象の内的作業モデル
 愛着行動システムと他の行動システムとの間の相互作用
 探索行動システムと安全基地
 安全や安心感のある隠れ家
 要 約

第3章 愛着の分類
 体制化された愛着
 体制化されていない(未体制化)愛着
 非体制型の愛着行動から統制的愛着行動へ
 もう1つの分類法
 愛着パターンの分布
 愛着パターンの時間的安定性や予測可能性
 要 約

第4章 愛着の体制化(そして非体制化)に影響を与えて
    いる要因とは何か
 愛着の体制化への養育の貢献
 養育とは何か?
 愛着の安定性の体制化(あるいは非体制化)を規定する
 うえでの養育の役割に関する実証的証拠
 愛着の体制化における子どもの気質と遺伝的要因の役割
 気質要因
 愛着と自閉症
 特定の遺伝子
 愛着の世代間伝達
 愛着に関する親の心の状態と乳児の愛着安定性とのリンク
 愛着に関する親の心の状態と親の感受性のある応答性との
 リンク(B)
 親の感受性のある応答性と乳児の愛着の安定性とのリンク
 (C)
 伝達ギャップ
 伝達ギャップの橋渡し
 要 約

第5章 愛情の絆と愛着対象
 愛情の絆とは何か?
 愛着対象はどのように定義されるか?
 職業としての子どもの養育者は愛着対象なのか?
 複数の愛着対象の表象はどのように構造化されている
 のか?
 要 約

第6章 愛着理論は文化を超えて妥当性があるか?
 エインスワースのウガンダでの研究
 ケニヤのグシ
 マリのドゴン
 イスラエルのキブツ
 ナイジェリアのハウサ
 ボツワナのクンサン
 ザンビアのエフェ・ピグミー
 学術的論争
 コメント
 要 約

第2部:愛着と養育の査定

第7章 はじめに
 愛 着
 養 育
 愛着や養育の査定法についての説明の提示形式
 研究や統計に関する専門用語の解説

第8章 愛着の査定法(アセスメント法)
 子どもの行動観察にもとづく愛着の査定(アセスメント)
 分離−再会手続き
 Q分類法(Qソート法)
 子どもの内的作業モデル/表象にもとづく愛着査定
 絵画反応課題
 ナラティヴ・ストーリー・ステム法(NSSTs)
 面接技法

第9章 養育の査定
 養育の観察にもとづいた査定
 母親感受性尺度
 ケア指標(ケア・インデックス)
 非典型母親行動の査定分類検査(アンビアンス)
 養育者行動分類システム
 養育や子どもとの関係に関する養育者の内的作業モデル/
 表象にもとづく養育の査定/測度
 親発達面接(PDI)
 養育経験面接(ECI)

第3部:愛着の体制化と機能の相関

第10章 どの領域の機能が,愛着と相関すると仮定され
     ていて,その間にはどのような影響経路があり
     そうか?
 どの機能領域が愛着と相関していると仮定されるか
 愛着が影響する仕方には,どのような経路が考えられるか
 要 約

第11章 愛着の安定性/不安定性と子どもの機能との
     相関関係についての証拠
 研究上の問題
 証 拠
 要 約

第4部:愛着障害とは何か

第12章 愛着障害の2つのバージョン
 国際的分類法
 もう1つのバージョン
 要 約

第13章 愛着障害研究
 研究法に関する問題
 証 拠
 イギリスの養護施設の小さな子どもたちとその後の発達
 カナダで養子になったルーマニア人孤児
 イギリスで養子になったルーマニアからの恵まれない
 (困窮した)子どもたち
 ブタペストのレジデンシャル養護施設で生活する子どもたち
 アメリカのハイ・リスク群や虐待を受けた子どもたち
 要 約

第14章 愛着障害とは何か
 弁別された愛着対象が1人も存在しない
 抑制性RADと脱抑制性RADの違いとは何か
 愛着障害のもう1つの基準
 非体制型と抑制性RAD
 5歳以上の子どもの反応性愛着障害
 要 約

第5部:愛着理論にもとづいた介入研究(一部は
    もとづいていない介入研究)

第15章 はじめに

第16章 証拠にもとづく介入研究:養育者の感受性を高める
 ベイカーマンズ-クラネンブルグら(2003)の“少なけれ
 ば,もっと:乳幼児期早期における感受性と愛着介入のメタ
 分析”
 コーエンら(1999)の“よく見て,待って,考える:
 母子精神療法での新しいアプローチの有効性の検討”
 ヴァン-デン-ブーム(1994)の“愛着と探索に及ぼす
 気質とマザーリングの影響:むずがりやすい幼児を持つ
 低所得層の母親の感受性のある応答性の実験的操作”
 ヴァン-デン-ブーム(1995)の“1年目の介入の効果は
 持続するのか:ドイツのむずがりやすい子どものサンプル
 についての幼児期での追跡調査”
 ブノワら(2001)の“介入前後での摂食障害児への母親の
 非典型行動”
 トスら(2002)の“被虐待児の持つ表象モデルを変える
 ための2つの介入の相対的有効性:愛着理論への意義”
 マーヴィンら(2002)の“安全感の環プロジェクト:養育
 者−就学前児の2者関係への,愛着理論にもとづいた介入”
 要 約

第17章 証拠にもとづく介入:養育者の交代
 ラシュトン・メイズ(1997)の“児童期での新しい愛着の
  形成:最新研究情報”
 ドジエら(2001)の“里子養育を受けている幼児にとって
 の愛着:養育者の心の状態の役割”
 スティールら(2003a)の“愛着の表象と養子縁組:
 心養育者のの状態と虐待を受けたことのある子どもの
 情動の語りとの関連”
 ホッジズらの“養子縁組措置の1年後(2003b)と2年後
 (2005)の愛着表象の変化:被虐待児の語り”
 要 約

第18章 証拠にもとづかない介入
 子どもへの直接介入
 “愛着療法”

第19章 介入に関する結論

引用文献
人名索引
事項索引
監訳者あとがき