エイジング心理学ハンドブック もくじ

 日本語版によせて
 貢献者について
 序文
 編者について

第1部 エイジング心理学の概念,理論,方法
 第1章 エイジングの心理学的理論構築における基本的課題
  I 主要な研究課題の分類
  II 解釈を評価する基準
  III 評価基準
  IV 理論的展開
  V 結論
 第2章 エイジングに関する縦断研究のデザインと分析
  I 研究デザインと推論の範囲
  II 年齢に関連したプロセスにおける多様性の理解
  III エイジングに関連した変化の研究における方法論的課題
  IV エイジングの縦断的研究における統計分析
  V まとめ
第2部 エイジングの行動に及ぼす生物学的,社会的影響
 第3章 行動の遺伝学とエイジング
  I 遺伝とエイジングに関する理論的な側面
  II 研究アプローチおよび課題
  III 研究により得られた知見
  IV 新しい手法と新しい展望
  V 結論
 第4章 行動とエイジングの理解のための認知神経科学の貢献
  I はじめに
  II 認知神経科学研究へのアプローチ
  III 脳の構造と機能の年齢に関連した相違のパターン
  IV 注意と記憶研究への認知神経科学の応用
  V 要約と将来の方向
 第5章 健康,行動そしてオプティマル・エイジング:生涯
     発達的視点
  I 生涯発達に対する視点:オプティマル・エイジングに向
    けて
  II 高齢者の健康と行動の変化
  III エイジングの進行度に影響する心理社会的要因
  IV オプティマル・エイジングとは何か
 第6章 環境老年学:ロートン以降の展開
  I はじめに
  II 理論の状況
  III 方法のためのツール一式:測定法の発展
  IV 理論の反映としての応用:アクション・リサーチ・パラ
    ダイムによる事例
  V 結論と将来の方向
第3部 行動の過程とエイジング
 第7章 視覚とエイジング
  I はじめに
  II 視覚系の構造的な変化
  III 視覚の障害と年齢に関連する病理学
  IV 視覚機能の年齢関連の変化
 第8章 エイジング,複雑性,運動パフォーマンス
  I はじめに
  II エイジングと運動の複雑性
  III 姿勢とロコモーション,操作の複雑性
  IV エイジングと運動パフォーマンスにおける適応能力の減退
  V 結論
 第9章 ヒトのエイジングの認知心理学における構成概念として
     の処理速度の役割
  I 初期の研究のレビュー
  II 現在の研究
  III 要約
 第10章 記憶のエイジング
  I はじめに
  II 記憶のエイジングの多様性
  III 記憶のエイジングの説明
  IV 記憶への介入
  V 要約と結論
 第11章 応用学習とエイジング:読解の意義について
  I はじめに
  II エイジングと学習と文章記憶に関する先行研究の要約
  III エイジング:認知面と動機づけ面の変化,そして,それらが
    いかにして読解に影響を及ぼすか
  IV エイジングと文章読解のモデル
 第12章 健常なエイジングにおける言語の理解と産出
  I 語彙処理
  II 文の処理
  III 談話過程
  IV 結語
 第13章 適応的な資源分配の発達的メカニズムとしての選択・最適
      化・補償:これまでの知見と今後の展望
  I はじめに
  II 生涯発達における資源分配プロセス
  III 生涯発達の適応規則の4つの現代的アプローチ
  IV 統合的枠組みとしてのSOCの利用:経験的知見の選択的
    レビュー
  V SOCの研究:将来の方向
  VI まとめと展望
 第14章 日常生活での問題解決と意思決定
  I はじめに
  II 年齢,認知,機能の関連性を評価する
  III 未回答の問いと将来の方向
  IV 結論
 第15章 エイジングと認知・動機づけ・情動との交点
  I 認知的エイジング
  II 社会情動的エイジング
  III 社会情動的選択性理論
  IV 年齢に伴う情動・認知の相互作用
  V 一般の情動に関する記憶
  VI 記憶における積極性効果
  VII 初期注意における積極性効果
  VIII 積極性効果の根底にあるメカニズム
  IX 将来の方向
  X 要約
 第16章 パーソナリティとエイジング
  I パーソナリティの統合:概念モデルの拡大
  II パーソナリティの発達:変化の個人差
  III パーソナリティの個人内変化に個人差をもたらすものは
    何なのか?
  IV 高齢者のパーソナリティと死亡率との関連
  V パーソナリティとエイジングに関する研究の今後の展望
 第17章 エイジングに対する態度と行動への影響
  I はじめに
  II エイジングに関する他者の態度
  III 自己に関連する態度
  IV 結論
 第18章 高齢者の精神的健康の改善
  I 高齢者に対する心理療法についての最新の研究
  II 民族的多様性と高齢者のための介入
  III 高齢者に対する精神的健康サービスの政策的な次元
  IV 考察と結論
 第19章 適応のための科学技術
  I 食事
  II 衛生面
  III 健康
  IV コミュニケーション
  V インターネットとワールド・ワイド・ウェブ
  VI 移動用器具
  VII 運転科学技術
  VIII 今後の課題
第4部 エイジングにおける複雑な行動概念とその過程
 第20章 知恵とエイジング
  I はじめに
  II 知恵の心理学的概念化の哲学的ルーツ
  III 知恵の概念:理論
  IV 実証的研究
 第21章 生涯にわたる自伝的記憶とナラティヴ・セルフ
  I 序文
  II 自伝的記憶
  III ナラティヴ・セルフ
  IV 要約
 第22章 高齢期における宗教と健康
  I 教会出席
  II 祈り
  III 宗教的コーピング反応
  IV 許し
  V 教会を基盤としたソーシャル・サポート
  VI 人生の中での宗教的意味づけ
  VII 宗教におけるライフコースの中での変化を評価する
    うえでの問題点
  VIII 結論

 文献
 索引
 監訳者あとがき