少年非行の行動科学 もくじ

第1部 基礎編
 1章 少年非行の定義と動向
  1節 少年非行の定義と少年事件手続きの概略
   1 少年非行とは
   2 非行少年に対する手続きの流れ
     コラム@ 児童相談所
     コラムA 児童自立支援施設
  2節 少年非行の動向
1 警察統計
   2 非行自己申告調査
     コラムB 警察統計と犯罪白書
     コラムC 非行統計の日米比較
 2章 少年非行の原因と説明理論
  1節 少年非行の関連要因・危険因子
   1 横断的調査結果:非行原因に関する総合的
     調査研究
   2 縦断的調査結果:米国保健福祉省調査報告
     書を中心に
   3 非行関連要因のまとめ
     コラムD 行為障害
     コラムE 発達障害と非行
  2節 少年非行の説明理論
   1 基本的枠組み
   2 非行理論の新動向:発達犯罪学を中心に
   3 非行理論のまとめ
 3章 凶悪・粗暴な非行の前兆と背景
  1節 「人を死に至らしめる犯罪」の少年被疑者に
     関する調査
   1 問題の所在
   2 方法
   3 背景要因
   4 前兆的行動
   5 まとめ
     コラムF 少年による殺人:欧米の知見から
  2節 粗暴傾向の少年相談事例に関する調査
   1 調査の目的
   2 方法
   3 粗暴・逸脱傾向と被虐待経験
   4 粗暴性改善のプロセス
   5 まとめ
 4章 少年非行の諸相
  1節 非行集団
   1 非行集団とは
   2 日本における非行集団の現状
   3 非行集団に関する行動科学的研究の代表例
   4 科学警察研究所の調査に基づく知見
   5 今後の課題
     コラムG 非行集団抵抗教育訓練
  2節 女子非行
 1 女子非行の発生状況と動向
   2 思春期発達と女子非行
   3 出会い系サイトの利用
   4 まとめ
  3節 被害から加害への転化
   1 暴力の連鎖
   2 被害が与える影響
   3 被害と加害の双方向性
   4 被害から加害への転化に関する理論的背景
   5 保護因子
   6 おわりに
第2部 実践編
 5章 非行を未然に防止する活動
  1節 地域社会における非行防止活動
   1 非行防止の分類
   2 地域の非行防止活動とは
   3 非行防止活動の実施概要
   4 非行防止活動を活性化するプロセス
   5 非行防止活動の効果的な態様
   6 まとめ
  2節 警察における少年相談
   1 少年サポートセンターにおける非行防止および
     健全育成活動
   2 少年相談の概要
   3 少年相談における少年および家族への支援
   4 おわりに
     コラムH 修復的司法
 6章 少年事件の法的手続き
  1節 家庭裁判所における対応
   1 家庭裁判所とは
   2 家庭裁判所における少年事件手続き
   3 家裁調査官による社会調査の実際
   4 非行理解の方法
   5 保護的措置の多様化
   6 おわりに
  2節 少年鑑別所における対応
   1 少年鑑別所とは
   2 「鑑別」とは
   3 「鑑別」の方法
   4 少年鑑別所での対応における「視点」
   5 収容して鑑別を行う意義
     コラムI 非行のリスク・アセスメント
 7章 非行少年の処遇
  1節 少年院における対応
   1 少年院とは
   2 少年院における教育の特色
   3 少年院における処遇技法とその実施
   4 おわりに
     コラムJ SST
         (ソーシャル・スキルズ・トレーニング)
  2節 少年刑務所における対応
   1 少年刑務所とは
   2 少年新受刑者の収容状況と特徴
   3 少年受刑者処遇の枠組みの変遷
   4 成人受刑者に対する処遇
   5 川越少年刑務所における少年受刑者処遇の枠組み
   6 川越少年刑務所における少年受刑者処遇の実際
   7 まとめに代えて
  3節 保護観察所における対応
   1 保護観察とは
   2 保護観察の概要
   3 保護観察という枠組みの心理的な意味:保護観察
     処遇の前提として
   4 保護観察処遇の実際その1:保護観察の担い手と
     いう観点から
   5 保護観察処遇の実際その2:保護観察対象少年の
     類型という観点から
   6 保護観察処遇の新たな潮流
   7 おわりに
 8章 少年非行対策におけるエビデンスの活用
   1 はじめに
   2 エビデンスの産出
   3 今後の方向性:エビデンスの活用
   4 おわりに