オペラント行動および動機づけ行動の
セッション内変動に関する数量モデルによる研究
もくじ

第1章 セッション内変動研究のこれまで

 第1節 初期のセッション内減少研究
 第2節 今日のセッション内変動の研究と馴化仮説
 第3節 セッション内変動の数式による記述

第2章 オペラント行動のセッション内減少の累積強化数の
    関数としての記述
 第1節 経過時間と累積強化数の関係
 第2節 CRFおよびVIスケジュールでのセッション内減少
     (第1実験)
 第3節 オペラント行動のセッション内減少を累積強化数の
     関数として扱う場合の数式による記述

第3章 オペラント行動のセッション内減少に及ぼす伝統的な
    要因の効果
 第1節 伝統的な2つの要因
 第2節 連続強化におけるセッション内減少に絶食時間が
     及ぼす効果(第2実験)
 第3節 連続強化でのセッション内減少に反応持続時間と
     絶食時間が及ぼす効果(第3実験)
 第4節 連続強化でのセッション内減少に実験前給餌が
     及ぼす効果(第4実験)
 第5節 長時間セッションでのセッション内減少に実験前給餌が
     及ぼす効果(第5実験)
 第6節 味覚嫌悪学習による誘因低価値化がセッション内減少に
     及ぼす効果(第6実験)
 第7節 セッション内減少に及ぼす伝統的な2つの要因の効果と
     セッション内減少の飽和説

第4章 オペラント行動のセッション内減少の馴化仮説の実験的検証
 第1節 オペラント行動のセッション内減少の馴化仮説と
     馴化以外の要因の区別
 第2節 オペラント行動のセッション内減少における脱馴化
     現象(第7実験)
 第3節 強化スケジュールによる強化子提示の多様性の効果
     (第8実験)
 第4節 オペラント行動のセッション内減少に関する馴化仮説
     の評価

第5章 水を報酬とするオペラント行動のセッション内減少
 第1節 水を報酬とするオペラント行動のセッション内減少の
     実験的研究(第9実験)
 第2節 摂取性のさまざまな行動のセッション内減少

第6章 ラットの走行行動のセッション内変動
 第1節 動機づけ行動としての走行行動
 第2節 走行行動のセッション内減少と自発的回復(第10実験)
 第3節 走行行動のセッション内減少と脱馴化(第11実験)
 第4節 走行行動のセッション内減少とオペラント行動の
     セッション内減少

第7章 諸要因の統合とセッション内減少の意味
 第1節 本書で重視した2つの点
 第2節 諸要因の統合
 第3節 セッション内減少と数式による記述の再考

付録1 装置の詳細
付録2 統計的検定の詳細
引用文献