8歳までに経験しておきたい科学 もくじ

まえがき


第T部:幼年期の科学学習はどうあるべきか

 第1章 科学学習への統合的なアプローチ
  学びの成分
  いろいろな学習の道筋
  統合的な学習の枠組み
  科学概念を多様に関連づける

 第2章 科学の参加者――子ども・教師・家庭・地域社会
  考える存在としての幼児
  教師
  家庭
  地域社会

 第3章 子どもたちを科学の世界へ案内する
  科学への招待
  子どもたちを科学の世界へ案内する


第U部:科学概念・経験・統合的な活動

 第4章 植物
  科学概念
  ・たくさんの種類の植物があり,それぞれが固有の形を
   しています。
  ・たいていの植物には種子ができ,その種子から新しい
   植物が育ちます。
  ・種子は,根,茎,葉,花のある植物に育ちます。
  ・たいていの植物には,水,光,ミネラル,熱,空気が
   必要です。
  ・根から成長する植物もあります。
  ・植物のような形をしていても種子や根を持たないもの
   もあります。
  ・私たちの食べ物の多くは,種子です。
  統合的な活動
  科学概念を多様に関連づける

 第5章 動物
  科学概念
  ・世界にはたくさんの種類の動物がいます。
  ・動物はいろいろな動き方をします。
  ・どの動物もその動物に特有な食べ物を必要とします。
  ・たくさんの動物が子どもを育てるために巣を作ります。
  ・人間と動物はたいてい共存しています。
  統合的な活動
  科学概念を多様に関連づける

 第6章 ヒトの体―健康管理と栄養
  科学概念
  ・人はみなかけがえのない存在です。
  ・私たちは感覚を通じてものごとを知ります。
  ・私たちの体は骨に支えられています。
  ・私たちが動き,生き,息をすることができるのは,
   筋肉があるからです。
  ・私たちは自分で健康を保ち,強くなるように心がけ
   ています。
  ・体を丈夫に成長させるには栄養のある食べ物が必要
   です。
  統合的な活動
  科学概念を多様に関連づける

 第7章 空気
  科学概念
  ・空気はほとんどどこにでもあります。
  ・空気は実在します。空気は空間を占めています。
  ・空気はあらゆる方向から,ものを押さえつけます。
  ・空気が動くと,ものは押されます。
  ・空気が速く動くことで,飛行機は飛び続けられます。
  ・空気は動いているものの速度を遅くします。
  ・あたたかい空気は上昇します。
  統合的な活動
  科学概念を多様に関連づける

 第8章 水
  科学概念
  ・水には重さがあります。
  ・水の重さと押し上げによって,ものが水に浮かびます。
  ・水は蒸発します。
  ・水は可逆的に姿を変えます。
  ・水はいろいろなものを溶かす溶媒です。
  ・水には粘り気があります。
  ・水は他のものにくっつきます。
  ・水は他のものにしみ込みます。
  統合的な活動
  科学概念を多様に関連づける

 第9章 天気
  科学概念
  ・太陽は地球をあたためます。
  ・風は気温が変化することで起きます。
  ・蒸発と凝結によって雨が降ります。
  ・雨粒によって太陽の光が分散します。
  ・天気は計測できます。
  ・雷は静電気です。
  ・帯電した電子が飛び出すと火花が出ます。
  統合的な活動
  科学概念を多様に関連づける

 第10章  岩石と鉱物
  科学概念
  ・岩石にはいろいろな種類があります。
  ・岩石はすり減ってゆっくり変化します。
  ・砕けた岩石と枯れた植物によって土壌ができています。
  ・岩石には昔の植物や動物の跡が残っています。
  ・鉱物は結晶を形づくります。
  統合的な活動
  科学概念を多様に関連づける

 第11章 磁石
  科学概念
  ・磁石に引きよせられるものと,引きよせられないものが
   あります。
  ・ものを引きよせる力は,磁石によって違います。
  ・磁石は,物質を通り抜けて引きよせることがあります。
  ・磁石を使って,新しい磁石を作ることができます。
  ・磁力が一番強いのは,磁石の両端です。
  ・磁石の両端は,異なったはたらきをします。
  統合的な活動
  科学概念を多様に関連づける

 第12章 重力のはたらき
  科学概念
  ・重力はすべてのものを引っ張ります。
  統合的な活動
  科学概念を多様に関連づける

 第13章 簡単な機械
  科学概念
  ・摩擦は熱を生み,ものの動きを遅くし,ものをすり減ら
   します。
  ・てこはものを持ち上げるのを助けます。
  ・斜面を使うと,ものを引っ張り上げるのが楽になります。
  ・ねじには斜面が巻きついています。
  ・簡単な機械はものを動かすのを助けます。
  ・車輪には単独で回るものと,一緒に回るものとがあります。
  ・1つの車輪で,別の車輪を回すことができます。
  ・車輪は,ものを持ち上げることを,引き下ろすことに変え
   てくれます。
  統合的な活動
  科学概念を多様に関連づける

 第14章 音
  科学概念
  ・音は何かが振動したときに起きます。
  ・音はいろいろなものを通して伝わります。
  ・振動するものの大きさが違うと違った音がします。
  統合的な活動
  科学概念を多様に関連づける

 第15章 光
  科学概念
  ・光がないと,日常経験では,何も見ることができません。
  ・光はまっすぐに進みます。
  ・かげは光が遮られたところにできます。
  ・夜は地球自身のかげです。
  ・すべての目に見えるものは光を反射しています。
  ・光にはたくさんの色が混ざっています。
  ・光が屈折すると,ものが違ってみえます。
  統合的な活動
  科学概念を多様に関連づける

 第16章 環境
  科学概念
  ・ものごとの間,たとえば,植物,動物,空気,水,天気,
   岩石,そして私たち自身などの間にはつながりがあります。
  ・環境とは私たちの身の回りのことです。私たちはそこで生活
   するのと同時に,それについて学習できます。
  ・私たちは力を合わせて,ゴミを減らす,再利用,修理,リサ
   イクル(再資源化)して,環境を維持できます。
  統合的な活動
  科学概念を多様に関連づける


 補章 家庭で行なう科学体験活動