臨床心理学における科学と疑似科学 もくじ

 緒言 科学者−実践家のギャップの広がり:架け橋からの視点
 序文

 第1章 臨床心理学における科学と疑似科学:思考の
     出発点,展開,改善策
  科学者−実践家の溝とその源
  過度の開明派と過度の懐疑派の間での妥協案
  なぜ疑似科学的な技法が害を与える可能性を持つのか
  科学と疑似科学の差異:入門
  問題を処理する建設的な努力
  本書の到達点

第 I 部 評価と診断における論争

 第2章 臨床家が疑似科学的手法を用いる理由:臨床的な
     判断に関する研究からの知見
  臨床経験や訓練の真価
  経験から学ぶことの障壁
  まとめと議論
 第3章 論争の的になる疑わしい査定技法
  心理検査
  検査構成と精神測定原理
  査定技法の妥当な使用と妥当でない使用の特徴:あるいは,
  検査が検査でないとき
  問題があり疑わしい評価技法:いくつかの例
  ロールシャッハテスト
  主題統覚検査
  投映描画法
  解剖腑分け人形
  マイヤーズ・ブリッグズのタイプ指標
  結論と提案
 第4章 専門家証言の科学と疑似科学
  法廷における科学的証拠の許容性
  専門家証言の一般的領域
  異論のある症候群と診断
  現存する基準のもとでの適切および不適切な専門家証言の同定
 第5章 解離性同一性障害:多重人格と複雑な論争
  解離性同一性障害:歴史の概略
  解離性同一性障害:記述的特徴と関連
  病因:競合する2つのモデル
  解離性同一性障害の社会的認知モデルを支持する証拠
  病因:幼児虐待論争
  結論

第 II 部 心理療法における一般的な論争

 第6章 科学的心理療法研究:現況と評価
  定義と専門用語
  効力と効果
  心理療法の効果と効力研究の参入
  否定的結果
  研究を意味あるものにする方法:メタ分析
  プラセボ統制と共通因子
  疑似専門家の治療と経験的支持のある治療
  影響力を発揮する心理療法家とそうでない心理療法家
  効果研究
  科学的な心理療法研究のすすめ
  結論:心理療法の科学は可能か?
 第7章 ニューエイジ療法
  ニューエイジ療法評価の基盤としての説明責任
  「第3の革命」
  ニューエイジ療法の歴史的な文脈
  「どこに行っても,あなた自身がいる」―ヨギ・ベラ
  ニューエイジ療法の魅力
  ニューエイジ療法の説明責任とクオリティに関する問題
  ニューエイジ療法に関する法的なケース
  結論
 第8章 過去の出来事の想起:心理療法における問題となる
     記憶回復技法
  臨床的技法
  個人差
  文献批判
  誤った記憶創造の仮説的道筋
  心理療法家は記憶回復に携わるべきか
  結論

第III部 成人の特定の障害への治癒論争

 第9章 心的外傷後ストレス障害の新奇で論争となっている治療法
  外傷とその影響
  PTSDの認知行動理論
  認知行動理論に基づくPTSDのための治療
  不安と外傷のための新奇な治療
  結論
 第10章 アルコール依存症の治療法に関する論争
  アルコール症者自主更生会:本当に効果があるのか?
  ジョンソン介入法
  ジスルフィラム薬物療法
  節酒の訓練と統制された飲酒
  プロジェクトDARE
  アルコール症の効果的な治療:科学の地位
  社会的学習理論:認知/社会技能訓練
  再発の防止
  オペラント条件づけ:コミュニティ強化アプローチ
  動機づけ強化療法
  夫婦・家族療法
  短期介入
  結論
 第11章 ハーブ治療と抗うつ薬治療:類似データ,拡散的結論
  抗うつ薬治療
  精神疾患のハーブ治療
  抗うつ薬治療とハーブ療法の類似点

第IV部 特定の子どもの障害の治療における論争

 第12章 注意欠陥/多動性障害の子どものための実証済みの
      治療法,有望な治療法,および実証されていない治療法
  実証済みの治療法
  有望な治療法
  支持されていない治療法
  支持されていない治療法に関する挑戦と問題
  結論
 第13章 異論のある多くの自閉症治療法:効果に対する決定的評価
  自閉症の特徴
  一般的な治療方法の再検討
  自閉症に対する効果的な治療法

第 V 部 自助とメディアに関する論争

 第14章 自助療法:科学と心理学をばらまく商売
  1970年代における自助への心理学の貢献
  自助の限界
  出版ラッシュ
  1980年代および1990年代の心理学と自助
  いくつかの成果
  アメリカ心理学会と自助
  自助の将来
  心理学者と消費者のためのガイドライン
 第15章 精神保健問題の商業化:娯楽,広告,心理学の助言
  現代の助言産業
  市場価値
  広告
  市場価値の妨害
  広告と専門的な心理学
  結論
 第16章 臨床心理学における科学と疑似科学:
      結論的考察と構成的改善策