SPSSのススメ1 もくじ

はじめに

第1章 SPSSの基礎知識

第1節 SPSSの概要/第2節 データ分析の流れ/第3節 SPSSのインターフェイス/第4節 保存ファイルの違い

第2章 データ・エディタへのデータ入力方法

第1節 データ・エディタへの直接入力/第2節 Excelからのインポート(その1)/第3節 Excelからのインポート(その2)/第4節 テキストエディタからのインポート

第3章 変数の定義と基本操作

第1節 変数の定義について/第2節 実際に定義する/第3節 変数やケースの追加と削除

第4章 データの加工方法

第1節 データの変換/第2節 逆転項目の処理/第3節 変数の合成/第4節 対象者(ケース)のグループ分け/第5節 ケースの選択

第5章 記述統計とSPSSビューア

第1節 度数分布表/第2節 記述統計量/第3節 クロス集計表/第4節 SPSSビューア/第5節 分析結果の印刷方法/第6節 他ソフトへ図表を貼り込む/第7節 結果をExcelへエクスポート/第8節 結果をHTML形式へエクスポート

第6章 分析の前に

第1節 統計的検定/第2節 独立・従属変数と要因/第3節 尺度レベルについて/4節 シンタックスのルール

第7章 t検定

第1節 t検定とは/第2節 対応なしのt検定/第3節 対応ありのt検定

第8章 1要因の分散分析(対応[なし])

第1節 分散分析とは/第2節 1要因の分散分析(対応[なし])/第3節 多重比較

第9章 1要因の分散分析(対応[あり])

第1節 1要因の分散分析(対応[あり])/第2節 多重比較

第10章 2要因の分散分析(対応[なし]×[なし])

第1節 2要因の分散分析(対応[なし]×[なし])/第2節 単純主効果の検定と多重比較/第3節 主効果が有意であった場合の多重比較

第11章 2要因の分散分析(対応[なし]×[あり])

第1節 2要因の分散分析(対応[なし]×[あり])/第2節 単純主効果の検定/第3節 単純主効果が有意であった場合の多重比較/第4節 主効果が有意であった場合の多重比較/第5節 補足:[対応なし]要因の多重比較

第12章 2要因の分散分析(対応[あり]×[あり])

第1節 2要因の分散分析(対応[あり]×[あり])/第2節 単純主効果の検定と多重比較/第3節 主効果が有意であった場合の多重比較

第13章 相関分析と回帰分析

第1節 相関分析とは/第2節 ピアソンの積率相関係数/第3節 ケンドールの順位相関係数/第4節 スピアマンの順位相関係数/第5節 偏相関分析/第6節 回帰分析とは/第7節 単回帰分析

第14章 名義尺度データの分析

第1節 検定(1変数)/第2節 検定(2×2分割表)と残差分析/第3節 検定(m×n分割表)と残差分析/第4節 フィッシャーの正確確率検定/第5節 マクネマー検定/第6節 コクランのQ検定/第7節 カッパ係数/第8節 クラメールの連関係数

第15章 順序尺度データの分析

第1節 マン・ホイットニーのU検定/第2節 符号検定/第3節 ウィルコクソンの符号順位和検定/第4節 クラスカル・ウォリスのH検定と多重比較/第5節 フリードマン検定と多重比較

第16章 資料

第1節 参考になる書籍/第2節 参考になるウェブサイト