スポーツ社会心理学 もくじ

 序 文

第1部 エクササイズの社会心理学

 第1章 社会心理学,エクササイズ,健康
  1 身体活動とは何か?
  2 身体活動が健康に及ぼす効果に関するエビデンス
  3 社会心理学の役割

 第2章 エクササイズ行動の社会的認知理論
  1 意図とエクササイズ行動の社会的認知モデル
  2 計画的行動理論の充足
  3 社会的行動に関する他の主要な理論

 第3章 エクササイズする意図とエクササイズ行動
  1 社会的認知理論の限界と意図の過程について
  2 自己決定理論
  3 自己決定理論にもとづいた実際的なすすめ

 第4章 エクササイズと身体的自己
  1 自尊心の定義
  2 自尊心のモデル
  3 エクササイズの文脈における自尊心の研究
  4 エクササイズとスポーツにおける摂食障害
    の問題とエクササイズ依存

第2部 スポーツの社会心理学

 第5章 社会心理学とスポーツにおける動機づけ
  1 動機づけの定義と動機づけ理論
  2 帰属理論
  3 社会的認知理論と自己効力感
  4 達成目標理論
  5 自己決定理論

 第6章 アスリートも感情的
  1 どうして情動や不安への社会心理学的な
    アプローチなのか?
  2 感情・情動・不安・覚醒・気分の定義
  3 スポーツにおける不安に対する社会心理学
    研究の応用
  4 不安とスポーツパフォーマンスの予測
  5 スポーツにおける不安の先行因:理論的
    アプローチ
  6 スポーツにおける不安に関する最近の理論
  7 スポーツにおける情動に関するその他の
    理論的説明

 第7章 スポーツにおける集団過程
  1 集団の定義と概念的な枠組み
  2 チームメンバーの能力
  3 集団規範
  4 集合的効力感
  5 集団凝集性
  6 役割の曖昧さ,役割効力感とチーム
    パフォーマンス
  7 社会的影響
  8 ホームアドバンテージ

 第8章 攻撃と群衆の暴力
  1 スポーツにおける攻撃
  2 攻撃の理論
  3 攻撃に影響する要因
  4 群衆の暴力,集合的攻撃,フーリガニズム
  5 群衆の攻撃における影響要因


 第9章 結論
  1 研究テーマ
  2 方法論
  3 理論
  4 相違点
  5 介入と実践


 用語解説
 索引
 文 献
 著者・訳者紹介