創造的問題解決 もくじ

 訳者まえがき
 原著者の日本語版への序
 原著版の序
 創造的問題解決(CPS)の短い歴史
 コース目標

T章 創造性を概観する
 1.根底となる信念
 2.内的思考と外的思考
 3.作業仮説
 4.4つのP
 5.創造的風土
 6.創造性の破壊者
 7.三位一体の脳
 8.創造的所産
 9.作者の心/編集者の心
 10.発散に関する根底ルール
 11.収束に関する根底ルール
 12.創造的な人の特性

U章 発散ツール
 1.ブレインストーミング法
 2.「手をあげろ」ブレインストーミング法
 3.ブレインライティング法
 4.強制的結合法
 5.ワードダンス法
 6.スキャンパー法(SCAMPER)
 7.アイデアボックス法
 8.視覚的結合法
 9.なぜ,何があなたを制止するのか
 10.イクスカーション法
 11.イクスカーション法・エクササイズ

V章 収束ツール
 1.ハイライト法
 2.クラスターとしてまとめたものの言い換え
 3.最初にほめよ法
 4.カード分類法
 5.評価マトリックス法
 6.ターゲット法

W章 創造的問題解決(CPS)とは何か
 1.発明の母
 2.CPSセッションの役割
 3.「オーナーシップ」問題
 4.意見表明スターター
 5.CPSのエッセンス
 6.全体図
 7.目標,願い,挑戦を同定せよ
 8.データを収集せよ
 9.問題を明確化せよ
 10.アイデアを生成せよ
 11.解決策を選択し,補強せよ
 12.行動計画を立てよ

X章 創造性に関する資料
 1.問題を明確にすることの価値
 2.間違いをすることの大切さ
 3.急進的創造性についての神話
 4.あなたの考えていることが問題だ
 5.情報を集めること(データ)の価値
 6.創造性をフレッシュに保つ方法
 CPSの成功事例
  [1]クラフト社における利益の創出
  [2]クロロックス社におけるパッケージデザイン
  [3]シェリット社におけるチームビルディング
  [4]ミード社における限界の突破
    (ブレイクスルー)
 創造的問題解決発展年表
 参考図書
 引用文献
 用語解説

補章 創造的問題解決法の使用例
 [1]ターゲット法を用いてTOEICで800点達成を
   目指す
 [2]ブレインライティングの大学院授業への適用
 [3]ラベルを使って患者参画の看護を創造する
 [4] CPS理論による授業実践
    ――表情訓練マニュアル作成の試み

原著者紹介
訳者紹介