LD児の英語指導 ヒッキーの多感覚学習法 もくじ

日本語版訳者まえがき
〔フォニックスとは〕
〔ヒッキーの多感覚学習法〕
〔英国でのLD児に対する英語学習〕

Part 1
第1章 学校の行動に影響する基本的問題
 1.学校にいるディスレクシアの子ども
 2.ディスレクシアのある子どもたち
第2章 子どもが書記言語スキルの学習と同時に「見る,聞く,話す,書く」ことの必要性
 1.言語スキルを学習する構造的な基礎
 2.言語スキルを習得するためのアプローチ
第3章 21世紀にヒッキー言語トレーニングコースを取り入れる
 1.小学校にいるディスレクシアの子どもへのナショナル・リテラシー・ストラテジーの導入
 2.音韻への気づき(phonological awareness)を発達させること
 3.音韻への気づきを育てるゲームと活動
 4.読み書きへの統合的なアプローチ
 5.IEP
第4章 言語トレーニングコース
 1.読み・書き・つづりの組織的な獲得のための包括的な計画
第5章 アルファベットと辞書
 1.アルファベット
 2.強勢(stress)
 3.辞書
第6章 書くこと
 1.小さい子どもの手書き
 2.ディスレクシアの子ども
第7章 読み
 1.伝統的な技法
 2.多感覚を使う組織的で習得的なアプローチ
 3.読みのための音節
 4.読みのための音節分解パターン
第8章 つづり
 1.つづりと読みを教えることの違い
 2.音節の異なるタイプのつづり
 3.つづりのために音節を連結させること
 4.つづりのための接尾辞
 5.接頭辞を持つ単語のつづり
 6.つづりのルールとつづりの選択肢
第9章 物語を書く
 1.聴覚的記憶のスパンを長くするトレーニング
 2.物語を書く
 3.叙述的に書くこと,情報を提供するために書くこと
第10章 読み書き(つづり)の自己学習のための示唆
 1.言語トレーニングコースの教材の使い方
 2.ゲーム

Part 2
言語トレーニングコース
1.どこからスタートすべきか
2.授業計画
3.読みのパック作り
4.読みのパックを使う
5.つづりのパック作り
6.手で書くことを援助する

読みカード
つづりカード
あとがき