軽度発達障害児のSST事例集 もくじ

序章 
 (1)本事例集のSST
 (2)各章の内容
 (3)ソーシャル・スキルの定義とSST
 (4)発達障害と軽度発達障害
 (5)軽度発達障害における社会的スキルの発達と支援

1章 【事例A】注意集中困難と自尊感情の低さをとも
   なったLD
 (1)事例Aの特徴と目標
 (2)事例Aに適用されるSSTの方法とその意義
 (3)事例AにおけるSSTの実施経過と効果判定

2章 【事例B】注意集中困難,情緒不安定,不登校を
   ともない軽度発達遅滞が疑われたLD
 (1)事例Bの特徴と目標
 (2)事例Bに適用されるSSTの方法とその意義
 (3)事例BにおけるSSTの実施経過と効果判定

3章 【事例C】多動性をともない発達とともに社会性の
   問題が顕在化した自閉性障害
 (1)事例Cの特徴と目標
 (2)事例Cに適用されるSSTの方法とその意義
 (3)事例CにおけるSSTの実施経過と効果判定

4章 【事例D】発達にともない社会性の問題が顕在化
   したLD
 (1)事例Dの特徴と目標
 (2)事例Dに適用されるSSTの方法とその意義
 (3)事例DにおけるSSTの実施経過と効果判定

5章 【事例E】学習の困難をともなったアスペルガー障害
 (1)事例Eの特徴と目標
 (2)事例Eに適用されるSSTの方法とその意義
 (3)事例EにおけるSSTの実施経過と効果判定

6章 【事例F】幼児期に友だちとのかかわりを求めはじ
   めた高機能自閉性障害
 (1)事例Fの特徴と目標
 (2)事例Fに適用されるSSTの方法とその意義
 (3)事例FにおけるSSTの実施経過と効果判定

7章 【事例G】パニックになることが多く,集団にいられ
   ない高機能自閉性障害
 (1)事例Gの特徴と目標
 (2)事例Gに適用されるSSTの方法とその意義
 (3)事例GにおけるSSTの実施経過と効果判定

8章 【事例H】対人関係に困難を有するアスペルガー障害
 (1)事例Hの特徴と目標
 (2)事例Hに適用されるSSTの方法とその意義
 (3)事例HにおけるSSTの実施経過と効果判定

終章 対人関係に緊張をもちながら発達してきた事例I
 (1)高校時代
 (2)専門学校と通信制大学時代
 (3)現在とこれから