行動調節機能の加齢変化
 抑制機能を中心とした検討 もくじ

まえがき

第1章 序論
 第1節 本研究の目的と意義
 第2節 抑制機能の加齢変化について
  2-1 前頭葉機能
  2-2 中央実行系
  2-3 抑制機能の概念
  2-4 高齢者を対象にした研究
 第3節 抑制機能の分類と本研究の枠組み

第2章 identity-basedの抑制機能に関する検討
 第1節 一度活性化した反応の抑制
   1-1 研究の背景(実験1A)
   1-2 方法
   1-3 結果と考察
  1-4 研究の背景(実験1B)
  1-5 実験1B-1
  1-6 実験1B-2
  1-7 実験1B-3
  1-8 実験1のまとめ
 第2節 刺激から誘発される反応の抑制
  2-1 研究の背景(実験2A)
  2-2 方法
  2-3 結果と考察
  2-4 研究の背景(実験2B)
  2-5 方法
  2-6 結果と考察
  2-7 実験2のまとめ
    
第3章 location-basedの抑制機能に関する検討
 第1節 一度活性化した反応の抑制
  1-1 研究の背景(実験3A)
  1-2 方法
  1-3 結果と考察
  1-4 研究の背景(実験3B)
  1-5 方法
  1-6 結果と考察
  1-7 研究の背景(実験3C)
  1-8 方法
  1-9 結果と考察
  1-10 実験3のまとめ
 第2節 刺激から誘発される反応の抑制
  2-1 研究の背景(実験4A)
  2-2 方法
  2-3 結果と考察
  2-4 研究の背景(実験4B)
  2-5 方法
  2-6 結果と考察
 2-7 実験4のまとめ

第4章 総合論議
 第1節 実験のまとめ
 第2節 高齢者の抑制機能の特徴
 第3節 今後の課題

引用文献
あとがき