構造構成的発達研究法の理論と実践
 縦断研究法の体系化に向けて もくじ

1章 構造構成的発達研究法とは何か?
  発達心理学をめぐる諸問題/構造構成主義の認識論的・科学論的前提/構造 構成的発達観/方法論的基軸/3タイプの発達研究法の特徴/発達研究におけるトライアンギュレーション

2章 縦断研究法のタイプ分類とその選択基準
 広義の縦断研究とは何か/縦断研究の困難さ/多標本縦断データと相関に基 づく分析法/1人ごとの行動記述/質的縦断研究法/縦断的なアプローチの いくつかの実例

3章 縦断データに適した統計手法とその選択
 データ構造/データ構造に対応した統計手法/縦断データにおける欠測

4章 個人差を織り込んだ発達データの分析
   −関心相関性に基づく成長曲線モデル
    の適用とその結果の解釈
 関心相関性に基づく研究手法の選択/成長曲線モデルの考え方と使い方/英 語学習意欲の変化の成長曲線モデルによる検討/モデルの構成・解釈・考察 と関心相関性/関心相関性に基づく研究態度

5章 「私」の発達の縦断研究,縦断研究に
    おける「私」の発達
 縦断研究における研究者の存在/分析対象とその方法/フィールドワーク過 程の再検討/総合的考察

6章 「典型人」構成による質的縦断データ分析法
 質的縦断データ分析法の構造/短大入学における移行体験/典型人構成の応 用可能性について

Column1 乳幼児に関する縦断研究
Column2 アタッチメント研究における縦断研究
Column3 子どもの村における縦断研究が
       もたらす可能性
Column4 ニホンザルの追跡観察に学んだこと
Column5 チンパンジーを縦断的に研究する
       ということ
Column6 縦断研究参加者に面接者はいかに出会うか
Column7 異文化における縦断調査経験から
       :研究者の文化の影響
Column8 縦断研究における倫理
       :保育園というフィールドで
Column9 縦断研究とフィードバック