シリーズ荒れる青少年の心
 傷つけ傷つく青少年の心
もくじ

第1章 関係性の定義と関係性の病理の
    形成メカニズム
 第1節「関係性」をめぐって
  1 人間存在と関係性
  2 関係性の諸相
 第2節 関係性の病理の形成のメカニズム
  1 サリバンの理論
  2 コフートの発達理論
  3 エリクソンの理論
第2章 関係性の病理をもつ青少年の実態
    とその内容
 第1節 関係性の病理のレベル
  1 神戸連続児童殺傷事件にみられる
    関係性の病理
  2 関係性の病理をどうとらえるか
     −社会・文化的背景,病理水準,
      発達−
  3 関係性の発達と病理
 第2節 関係性の病理の諸相
  1 友人関係 
  2 親子関係
  3 非行にみる関係性の病理
  4 不登校
  5 境界性人格障害
   
第3章 関係性の病理を持つ青少年への対応
 第1節 対応する際の原則
 第2節 対応の実際
  1 友人関係
  2 親子関係
  3 非行にみる関係性の病理
  4 不登校
  5 境界性人格障害
   
付章 関係性の病理をもつ青少年を理解
   するための文献・資料集  
引用文献  
人名索引  
事項索引  

コラム
  @愛着と対人関係との関連
  A青少年の友人関係の現状
  B現代青年の恋愛意識
  C青年の結婚観
  D反抗期の意味は変化したか
  Eテレビゲームと対人関係
  F携帯電話による友達との
   コミュニケーション
  Gペットブームの背景
  H不登校児への絵画療法
   −円枠感情表出法−
  I援助交際−青少年の加害と被害−
  Jパラサイト・シングルを作り出す親
  K成田離婚・熟年離婚
  L老親の介護・看取りをめぐる親子
   関係の変化
  Mインターネット上の自分探し