試験にでる心理学 臨床心理学編もくじ

第一部 本書の使い方と勉強法について
 T章 本書の立場
 U章 心理職公務員受験必携必読ブックリスト
     <臨床心理学編>
  0.はじめに
  1.事典・辞典・用語集・問題集
  2.テスト(検査)法・心理療法関係
    A.テスト法について/B.心理療法・
      ケース研究,その他
  3.概論書
  4.雑誌 その他
  5.おまけ<人物試験にかかわる職務研究・
    業界研究の必要性>
    A.人物試験は職務研究から/
    B.地方上級心理職の業界動向

第二部 試験にでるポイント・問題・解説編
 T章 重要心理検査集
  1.心理検査の見取り図
   §1 心理検査の定義
   §2 事典的,網羅的な分類<池田(1971)
      の分類をもとに>
   §3 検査で獲得するものが表層か深層か
      という視点
   §4 心理検査の入手,利用可能性による
      分類
   §5 本書での分類<必修心理検査を選んだ
      基準>
  2.心理検査必修四十選
   §1 質問紙法によるもの
    (0)質問紙法の注意点/(1)EPPS/
    (2)MMPI/(3)YG/(4)MAS/
    (5)MPI/(6)CMI/
    (7)Big Five人格検査などの特性論的
    なもの/(8)GHQ/
    (9)その他の質問紙法検査
   §2 投影法的なもの
    (0)投影法の注意点/
    (1)投影法の分類/
    (2)Inkblot test, Rorschach test/
    (3)TAT/(4)SCT/
    (5)P-F study
       (Picture-Frustration study)/
    (6)Szondi Test/(7)箱庭療法/
    (8)図式的投影法
   §3 適性検査
    (0)適性検査の注意点/(1)VPI/
    (2)GATB/(3)それ以外の適性検査
   §4 知能検査
    (0)知能検査の注意点/
    (1)ビネー式検査
      (田中ビネー,鈴木ビネー)/
    (2)ウェクスラー知能検査
       (WAIS,WISC,WPPSI)/
    (3)ITPA/
   §5 発達,親子関係検査
    (0)発達検査の注意点/
    (1)乳幼児精神発達診断検査/
    (2)親子関係診断検査
   §6 作業検査
    (0)作業検査(performance test)/
    (1)内田クレペリン検査
      (Uchida-Kraepelin Performance Test)/
    (2) その他の作業検査
   §7 描画法
    (0)描画法に関する注意/(1)HTP/
    (2)Baumtest/
    (3)DAP(Draw-A-Person-Test)/
    (4)FDT(Family Drawing Test)/
    (5)風景構成法/
    (6)Bender Gestalt Test(BGTとも)
   §8 それ以外の心理測定法
    (1)Sociometry/(2)PILテスト/
    (3) Q-Sort Technique

 U章 重要心理療法集
  1.心理療法の見取り図
   §1 心理療法の定義
   §2 心理療法の過程,重要概念
   §3 心理療法の分類法
  2.心理療法必修二十選
   §1 精神分析療法(psychoanalytical therapy)
   §2 行動療法(behavior therapy)
   §3 認知行動療法
      (cognitive behavior therapy),
      認知療法(cognitive therapy)
   §4 箱庭療法
   §5 芸術療法(art therapy)
   §6 森田療法
   §7 心理劇(psychodrama),
      ロールプレイ(role play)
   §8 自律訓練法(autogenic training; AT)
   §9 催眠療法(hypo therapy)
   §10 フォーカシング(焦点づけ, focusing)
   §11 動作療法(motor action therapy)
   §12 ゲシタルト療法(Gestalt therapy)
   §13 来談者中心療法
      (client-centered therapy)
   §14 集団療法,集団精神療法
      (group psychotherapy)
   §15 家族療法(family therapy)
   §16 治療共同体(コミュニティ),
       社会的治療(療法),地域精神医療,
       環境療法
   §17 生物学的治療(薬物的治療,外科的手術)

 V章 パーソナリティの諸理論
  1.パーソナリティ理論の分類の視点
   §0 はじめに
   §1 パーソナリティ理論を評価する際の
      6つの基準
   §2 人間性に関する基礎的な9つの前提条件
  2.必修パーソナリティ理論
   §1 精神分析学およびその諸派
      (フロイト,アドラー,ユング)
   §2 自我心理学およびその諸派
      (エリクソン,フロム,ホーナイ)
   §3 特性論(オールポート,キャッテル,
      アイゼンク)
   §4 学習理論・行動主義(スキナー)
   §5 社会的学習論,社会的認知論
      (バンデューラ,ロッター)
   §6 個人的構成体論(ケリー)
   §7 人間主義心理学,人間性心理学,
      ヒューマニスティック心理学(マズロー)
   §8 現象学的心理学(ロジャース)

 W章 過去問・類問の解答・解説
  1.択一問題編
   §1 発達心理学領域
   §2 臨床心理学領域
    (1)心理検査・アセスメント/
    (2)心理療法/
    (3)パーソナリティ・自己・自我に
       関する理論/
    (4)異常心理・精神医学的診断
  2.記述問題編
   §1 発達心理・生涯心理・発達臨床心理
     用語説明/論述
   §2 心理検査・臨床心理検査(アセスメント)
     用語説明/論述
   §3 カウンセリング・心理療法
     用語説明/論述
   §4 コミュニティ・アプローチとこれに
      関する異常心理
     用語説明/論述
  付録

あとがきにかえて/
索引/