社会文化的アプローチの実際
もくじ

第1章 学習活動の理解と変革にむけて:
    学習概念の社会文化的拡張
 1 はじめに
 2 学習とは何か?
 3 学習活動の媒介性
 4 学習のヴィゴツキアン・エスノグラ
   フィー
 5 社会文化的アプローチによって可視化
   される問題

PART1 学習活動を理解する:学習研究へ
     の新しい視座

第2章 リテラシー学習のポリティクス:
    識字習得の政治性
 1 リテラシーとは
 2 読み書き能力の有無の基準
 3 リテラシーの獲得
 4 リテラシーの意味論
 5 意識化
 6 世界を読むということ
 7 カリキュラムと文化戦争
 8 学習とは,多様なものとの出会い

第3章 ヴィゴツキーの理論を拡張する:
    生命工学研究室での日本人による
    社会的相互行為を事例として
 1 はじめに
 2 日本人の大人2人のデータ
 3 議論

第4章 共変移:社会的組織化による知識と
    アイデンティティの増殖としての
    一般化
 1 現象を拡大する:知識増殖としての
   一般化
 2 共変移の概念
 3 共変移を研究する
 4 今後の課題

PART2 学習活動の変革:学習活動の
     新しいデザイン

第5章 留学生のための日本語教育の変革:
    共通言語の生成による授業の創造
 1 はじめに
 2 プロローグ
 3 オーソドックスなアプローチの問題点
 4 第二言語教育における新しい学びの
   経験の創造にむけて
 5 自己表現中心の入門日本語教育
 6 新しい学びの経験をめぐる断章
 7 相互行為の実践の記述
 8 結びに代えて

第6章 対話的関係の交渉と歴史としての
    「声」:ある脳梗塞患者の社会的
    機能の障害から考える 
 1 病いによる自己の変容
 2 分析の視点
 3 「声」の歴史性
 4 バフチンの視点からみえてきたもの
 5 終わりに

第7章 造形教育の変革:協働される創造と
    知
 1 日常生活場面における子どものつくり
   表わす活動をとらえる
 2 つくり表わす活動の協働形成過程
 3 協働される創造と知

第8章 教師の学習共同体をつくりだす:
    コンピュータに媒介された協調学習
    のデザインと介入
 1 教師の学習共同体
 2 コンピュータを用いた協調学習支援
 3 活動システム
 4 事例:教師の学習共同体としての
   CSCL環境
 5 まとめと考察