外見とパワーもくじ

序 章 外見と社会的勢力

第1章 レイプサバイバー―強制的な暴力場面における服装のはたらきと意味―
 被服と法廷
 方法
 結果
 含意

第2章 親密さを表わすために装うか,威圧感を与えるために装うか―イングランドおよびウェールズにおける警察イメージの変革―
 感情の構造と象徴的な力
  表現の媒体としての身体
  近時の過去:「よりやわらかな」そし
  て,偏在する徒歩パトロール
  公共の身体
  歩調の変化
  社会的秩序および異議の政治
  威圧感を与えるために装う
   ―象徴的な力および作り上げられ
    た真実
  結 論

第3章 職場における被服と勢力
  職場における被服
 方 法
 結果と考察
  背景情報
  被服と昇進
  被服と勢力
 結 論

第4章 大衆雑誌に見られる成功のためのドレス
  職業的役割のための着装
  理論的基礎知識
  ポストモダンの美学
  トリクル・ダウン理論
  象徴的な自己完成
  同化過程
 目 的
 方 法
 結 果
  女性への推奨
  男性への推奨
 考 察
  理論の支持
 結 論

第5章 「新・スタートレック」にみる職場での性別,服装,勢力
  勢 力
  理論的枠組み
  「新・スタートレック」と勢力
  「スタートレック」の宇宙
 パート1:量的分析
  方 法
  結果と考察 
 パート2:質的分析
 要 約
 展 望

第6章 スタイルのパワー―受け入れられているものの拒絶に関して―
 パワー
 パワ−としてのスタイル
 結 論

第7章 イーブンファーザー―テクノカルチャーにおけるサブカルチャー・スタイルの力―
 パワーとしてのスタイル
 解釈学的研究
 アメリカにおけるレイブ・シーン
 要約と結論

第8章 女性たちの外見管理と社会的勢力
 理論的フレームワーク
  魅力の重要性
  社会的勢力
  勢力の源泉
 方 法
 全般的な結果
  美の定義
  身体像に関する初期の感情
  身体像と社会的影響力
  身体像と受容
  身体像と自己価値
  外見管理行動
  勢力と外見管理
  勢力間コンフリクト
 要約と総合
 結 論

第9章 肥満と無力感
 肥満女性における差別と影響力の欠如
  仕事場における社会的差別と偏見
  教育における社会的差別
  ヘルスケアにおける社会的差別
  商品やサービスを提供する場に
  おける社会的差別
  対人的状況で起こる社会的差別
  公共施設や交通機関で起こる身体的差別
 肥満差別への社会的解決策
 肥満差別に対する法的解決策
 結 論