臨床描画研究 19
 ―子どもの臨床現場での
  描画臨床 もくじ

〔特集〕子どもの臨床現場での描画臨床
     ――虐待事例を中心に

特集にあたって 松永 文保

被虐待児の理解のために描画を選ぶとき
  川原 ゆかり

描画を中心とした心理査定の実際
  ――家庭裁判所の調査を題材に
  桑原 尚佐

被虐待児の描画に表れる心の世界
  木谷 秀勝

虐待から学ぶもの
 ――生きるという親と子のテーマ
  白石 潔

児童養護施設における虐待を受けた
子どもとの描画臨床
  赤岩 保博

言語の添え木としての描画療法 山ア 一馬

まとめ「子どもの臨床現場での描画臨床」の
ゆくえ 志村 実夫


研究論文

子どもの「火のある風景描画法」の描画特徴に関する一研究
 ――「火のイメージ」の検討を中心として
  石田 弓

樹木画に見られる慢性腎疾患患児の身体像と自己像に関する一考察 西本 智恵

描画特徴と親和傾向との関係についての研究
 ――青年期女子を対象にして 橋本 秀美

資料

少年保護事件調査面接における描画法の活用
 ――面接関係における媒体としての描画
  坂野 剛崇